風に立つライオン

 10, 2017 00:05
風に立つライオン ライオン



さだまさし 作詞/作曲 
 『風に立つライオン』


♪…突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の大切な
よりどころになります ありがとう ありがとう


--途中省略--

空を切り裂いて落下する滝のように 
僕はよどみない命を生きたい 
キリマンジャロの白い雪 
それを支える紺碧の空 
僕は風に向かって立つライオンでありたい
…♪



シュバイツァーに憧れる若き医師が、
恋人を置いてナイロビに来て3年目。
初めて届いた彼女からの手紙に、
自らの心境を綴っている歌なんですねぇ。

この歌詞、味わうほどに泣けてきます。
遠い日本の家族や恋人を思いながらも、
劣悪な環境に身を置いて、
病や怪我に苦しむ人々の命に寄り添う姿。
それはまるで、強い風に吹かれながら、
独り立ち続けるライオンの様だと……。

この映画は、ケニアで国際医療ボランティアとして活動した実在の医師、
柴田紘一郎をモデルにして描いた作品です。


国際協力といえばJICA(ジャイカ)……有名ですよね。

JICAは、ODA(政府開発援助)の中の二国間援助を担う組織で、
技術協力はもとより有償、無償の資金協力を行っています。
その中に『青年海外協力隊』や『日系社会ボランティア』
『シニア海外ボランティア』『短期シニアボランティア』
などがあるわけです。

!(・。・)b ここで注訳。
すべて『○○ボランティア』になっていますが、
完全無償のボランティアではなく、
ちゃんと、給料、出るんですねぇ。(120種以上の職種)

ボランティア(volunteer)の本来の意味は、
自発的に支援に行きたいと志願するという意味で、
無償という意味ではないようです。

非営利組織のNPO法人でも、人件費は支払われています。
株式会社は儲かった分を出資者(株主)で分配しますが、
NPO法人は利益の分配をしません。
決算時にお金が増えていた場合、次の期に繰り越すか、
そのお金を使ってさらに社会貢献すればいいわけです。


話をJICAに戻して……。
隊員には出発前から準備金としての給与が出るし、
現地では年に200万円以上支払われているし、
(物価安く、貯蓄できる)
現職参加という制度を使えば、
給料は年700万円程度にもなるようです
しかも『現地活動費』や、移動費まで、
別途費用としてJICAに請求できるようです。


(((ʘ ʘ;)))…なんか、驚きません? 
一人の隊員派遣に数千万円の費用がかかり、
それらは日本国民の税金でまかなわれているんですって。


どおりで……と言ってはなんですが、
『なぜそこに日本人』なんて民放TV見ていると、
JICAや、青年海外協力隊出身みたいな人、多いですよよね。
猫も杓子もJICA活動中とか、現地で結婚して家族を持ったとか。
見聞を広め、2年の任期が過ぎたら、
現地で事業始めるとか、婚活に移行とか‥‥。

(・_・?)思うに、日本のブラック企業なんかで消耗して、
うつ病なんか発症するより、いいかもしれませんねぇ。

体験者(任務1年半)が語る活動のメリット。
一応、書いておきます。

①絶対に日本ではできない経験ができる。
②自分の価値観の小ささを知ることができる
③自分に自信がつく
④人の役に立つ幸せを感じることができる
⑤語学力が身につく
⑥たくさんの友人ができる
⑦しっかりと守られている
  現地への渡航費、現地での生活費、医療、
  防犯体制(家の鍵から警備員の手配など)などなど、
  しっかりと準備され、組織によって2年間の活動が守られ、
  さらには、帰国後の社会復帰の、
  フォローアップまで用意されているそうです。



!(・。・)b ……それにしても、です。
国民の税金で運営されているJICAを思えば、
改めて、『国境なき医師団(MSF)』って、
スゴイですよねぇ。

活動の全てが寄付によって支えられています。
しかも、寄付の約9割は個人によるもので、
兵器産業や、企業の宣伝に使われるような
寄付は断っているんですからねぇ。

集めた資金の収支報告も究めて透明性が高いし、
わずかな額のサポーターにも送られる感謝の手紙……。

このページを借りて、
国境なき医師団のポリシー、紹介しておきましよう。(^_^ ;)

           国境なき医師団 憲章

国境なき医師団は、苦境にある人びと、
天災、人災、武力紛争の被災者に対し、
人種、宗教、信条、政治的な関わりを超えて、
差別することなく援助を提供する。

国境なき医師団は、
普遍的な「医の倫理」と人道援助の名の下に、
中立性と不偏性を遵守し完全かつ妨げられることのない
自由をもって任務を遂行する。

国境なき医師団のボランティアは、
その職業倫理を尊び、
すべての政治的、経済的、宗教的権力から
完全な独立性を保つ。

国境なき医師団のボランティアは、
その任務の危険を認識し、
国境なき医師団が提供できる以外には、
自らに対していかなる補償も求めない。



ムチャクチャ、格好いい!
ニュースレターを読むたびに、胸が締め付けられます。
本当に、本当に、尊い人々の集団……o(;_;)o
アセンション(次元上昇)の、
礎を築く人々かもしれません。
国境なき医師団こそが『風に立つライオン』だと、
私は思っています。




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ
関連記事

COMMENT 14

風子  2017, 09. 30 [Sat] 14:21

Re: ダリルジョンさんへ その②

> 人様のために、料理を作る、作ってあげたいと、、、
> ならば、ボランティアで何処かに作りに行きたいと思ったんですよ。
>
> 海外で厳しいひとりの仕事になりますけれど、
> お給料がデル、それも今の給料の倍近い、
> アフターフォローもある。

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! そうだったんですかぁ!
海外となると、単身ですよねぇ、
家族の存在……それがネックですよねぇ。

まっ、期限切って、2年とかだったら、
面白い経験でいいかも、ですね。

ただ、映画の記事なんか読んでいると、
ダリルジョンさんは繊細で優しい。
家庭的で、息子さんとのコミュニケーションもバッチリ…。
ということは、外国で一人、って、厳しいと思うなぁ。(^_^ ;)

Edit | Reply | 

ダリルジョン  2017, 09. 30 [Sat] 13:13

早々の返信ありがとーございます!

何度と訪問して、
読ませていただいていたので、
初コメとは、気づきませんで、
失礼しました、

男が「転職」を考える。
となると、
人生に関わる転機に考えがち、ですが、

私達のような、料理を作る仕事の人達は、
あまり大きく考えたりしませんですよ。

店が替わる度に、「給料」が替わる、
職場の雰囲気や人間関係も変わる、
勿論、仕事内容も変わってくる。

本人は、至って常識の想定内
ですから、妻にはあまり理解してもらえませんが、(笑)

この記事を読ませていただいて、思ったのは、

今、老人ホームの仕事しています、
去年の今頃の記事で書きましたが、
思うことあって、ここに転職、

人様のために、料理を作る、作ってあげたいと、、、

ならば、ボランティアで何処かに作りに行きたいと思ったんですよ。

海外で厳しいひとりの仕事になりますけれど、
お給料がデル、それも今の給料の倍近い、
アフターフォローもある。

ここにつられまして(笑)
速筆してしまった次第で、、、


Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 30 [Sat] 09:21

Re: ダリルジョンさん、初コメントありがとうございます❤

ようこそ、いらっしゃいましたぁ!

> ちょっと「転職」を考えようかな!

(((ʘ ʘ;)))ドキッ……。
しかも『風に立つライオン』記事でのコメント。
意味深ですねぇ。
まっ、深くは聞かないでおきますね。
人生は短いですが……。
何度でも、やり直しはエンドレスですし……。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

ダリルジョン  2017, 09. 30 [Sat] 08:26

おはようございます❤

ちょっと「転職」を
考えようかな!

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 16 [Sat] 07:45

Re: 🔓コメさん貴重な情報です♪

見ました!
(((ʘ ʘ;)))21万5000人分のDNAを調べ、
800万件の突然変異の追跡を行うという大規模な調査。
“人類を含めたガイヤの意識”スゴイですねぇ。

9/30(土)から、NHK新シリーズ『人体』始まりますね。(8回シリーズ)
脳の指令だけではなく、各臓器から脳へ、臓器から臓器に。
意思を伝達していることが判明。
もう、今からワクワクで~す!
貴重な情報、ありがとうございましたぁ。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 15 [Fri] 03:59

Re: 🔓コメさん おはようございます!

> 小2の頃、登校拒否児になり学校では問題児扱いでした。
> 担任もこのままだと不良になるとまで言ってましたが、
不思議とグレてひねくれたりする事もなかったです^^
> どちらかと言うと今の方がどうしようもない子どもみたいな大人かも知れないですよ(^_^;)。

そうでしたかぁ。(´ー`*)ウンウン
壮絶とも思える逆境だったのに、スゴイ事です。
母上の記事、読んだとき、🔓コメさんの心(視点)が“解放”され、
全てを許せたんだと、ウルウルo(;_;)oでした。

> いつも風子さんの不思議な言葉の力に救われております。

こちらこそ。
辛く悲しい過去も、さらりと詩に変換する🔓コメさんこそ素晴らしいです。

この前、作詞家 なかにし礼さん(84歳)のドキュ観ました。
それはもう、これ以上ない壮絶の連続人生でしたが、
やはり艱難辛苦を味わった人は魅力的ですねぇ。
逆境が、彼の感受性、洞察を育てた……。
そんな人生を物語っていました。

70歳くらいから作家に転向。
直木賞、取ったんですよねぇ。
なんか、🔓コメさんの人生、感性に似ていましたよ。

多くのファンに愛されている🔓コメさんのページ。
これからも命ある限り、想いを発信してくださいね。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 11 [Mon] 04:35

Re: 風に立つ病原菌

> 携行する医薬品を申請するでしょ
> 『国』からは膨大な支援金が製薬会社を経由して
> 支払われます
> (倅はさる製薬会社に勤めております)
> 実態(実体さえあれば・・・・)は
> お金はじゃぶじゃぶ出るそうです

(((ʘ ʘ;)))じゃぶじゃぶ……って。

> 生活保護は無記名では支払われません
> 名前は有りさえすればいい

ウナさん得意の『社会論評』ですね。
なんでも、実態を知るとアホくさいかも、ですね。
まっ、結果がどうあれ、心は『愛』にしておきましょう。あはは。

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 11 [Mon] 04:28

Re: バーソさんおはようございます♪

> どうも有償ならボランティアと標榜するなと言いたくなりますが、時代の流れなんでしょう。

でしょうね。ホント……。
『忖度』のように、言葉って、ときに悪用されますよねぇ。

> 「一人の隊員派遣に数千万円の費用がかかり、
> それらは日本国民の税金でまかなわれている」。
> ええーっ? なんですか。代議士も酷いですが、これも酷いですね。

『知らぬが仏』で、海外協力隊なんて尊敬の眼差し、向けてましたもんねぇ。

> 現地では大きな邸宅に住んで、お手伝いさんを二人だか雇っていました。
> 3年ぐらい行ってただけですが、相当貯まったようです。

このケースも多いですよねぇ。よく見聞きします。
まぁ、相当、条件良くしないと集まらないってことかも、ですね。


> 日本赤十字は、集めた寄付の1割か2割程度を援助に使い、
> その他は自分たち組織のために使っていると知ったからです。

(((ʘ ʘ;)))そうなんですかぁ……(●`∧´)
そうとも知らず、何度、寄付したことか…(´-﹏-`;)

Edit | Reply | 

おとぼけ・ウナ  2017, 09. 10 [Sun] 20:35

風に立つ病原菌

さっき起きました昼寝から
あはは


携行する医薬品を申請するでしょ
『国』からは膨大な支援金が製薬会社を経由して
支払われます
(倅はさる製薬会社に勤めております)
実態(実体さえあれば・・・・)は
お金はじゃぶじゃぶ出るそうです

生活保護は無記名では支払われません
名前は有りさえすればいい
あはは。

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 09. 10 [Sun] 20:08

ボランティアって、無償でする奉仕活動のことだと思っていました。
以前、私の仲間たちも、その言葉を使って「奉仕」に励む人たちがいました。
確かに完全な無償活動でしたが、宗教関係の「奉仕」を「ボランティア」とは
言わないだろうと思い、その言葉の使用に私は違和感を感じていたものです。

無償の奉仕とか無償の愛というのは、言葉の響きがいいですね。
崇高な感じがしますし、神から是認されているようで、心地いいものです。

Wikipediaには、「ボランティア活動の原則として挙げられる要素は一般的に、自発性、無償性、利他性、先駆性の4つである。1980年代以降、無償性の原則に関して『無償』の範囲をより柔軟に考えることによって実費の弁済や一定の謝礼を受ける『有償』ボランティアが出現し、受け入れられてきている」とありました。

どうも有償ならボランティアと標榜するなと言いたくなりますが、時代の流れなんでしょう。

「給料は年700万円程度にもなる」。なんですか、それ。
日本人の平均給与よりもかなり多いじゃないですか。

「一人の隊員派遣に数千万円の費用がかかり、
それらは日本国民の税金でまかなわれている」。
ええーっ? なんですか。代議士も酷いですが、これも酷いですね。

知り合いですが、半公務員の夫が、妻と共に一時的に海外の仕事に応募しました。
妻は仕事をしてないのですが、していることにして給与をもらったそうです。
現地では大きな邸宅に住んで、お手伝いさんを二人だか雇っていました。
3年ぐらい行ってただけですが、相当貯まったようです。

ボランティアには尊敬に値する立派な人もいますが、
そうでない金目当ての人もいます。
311のとき、私は現地3か所に郵便局から直接現金を送りました。
赤十字という組織を信用してなかったからです。
日本赤十字は、集めた寄付の1割か2割程度を援助に使い、
その他は自分たち組織のために使っていると知ったからです。
組織のためとは、すなわち給与です。高額な給与です。
赤十字に寄付をするのは、その社員を養うようなものなんですね。

「風に立つライオン」から、うまく話を組み立てましたね。^^)

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 10 [Sun] 15:34

Re: Hiroさんコメントありがとうございます!

> そう、「安全・安心」がウリの、地域の味方を標榜する、あの組織です。
> 介護施設や幼稚園の給食支援を行ったりと、同じ組織内ではあっても、
> まだ“三方よし”の精神があって、やりがいを感じます。

(*′☉.̫☉)そうなんだぁ!……な~るほどぉ!

> 風子さんのボランティアの意味を見て、かつて、アルバイト募集に
> 苦戦していた時期に、「有償ボランティアのお仕事です」なんていう
> フレーズを広告に出してしまった自分が、とても恥ずかしくと思いま
> した。

これ、私も正確な知識なくて……。
調べて判ったことなんです。 お恥ずかしい!(^_^ ;)

> 『風に立つアリ』ぐらいにはなりたいですねぇ…(笑)

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! アリ、ねぇ。
ですが蟻は働き者、統率のとれた巨大組織そのものです。
その先頭に立てば大したものでしょう?

なら、私ごときは『風に立つ善玉菌』ってことで……。
バカにしてはいけない。
目に見えなくても、善玉菌ですよ、善玉菌!(^_^ ;)

Edit | Reply | 

風子  2017, 09. 10 [Sun] 12:52

Re: エリアンダーさんコメントありがとうございます♪

> 最近、国境なき医師団の医師たちは薄給で頑張っているのに
> 事務局員の給与がバカ高くて問題になっていましたね。
> 寄付してもそっちにお金が流れてしまうんじゃあね。

(´ー`*)ウンウン 最近、寄付金管理を外部に任せたようで、
いろんな意味で、ちょっと心配しています。
お金が集まるって、同時に影の存在が蔓延りますからねぇ。
かたや命を懸け、デスクワークで高給なんて(●`∧´)許せませんよねぇ。

Jaicaに限らず、国の補助金って、微妙に危ないですねぇ。
森友学園、籠池夫妻なんて、氷山の一角のような気が………(´-﹏-`;)

Edit | Reply | 

エリアンダー  2017, 09. 10 [Sun] 11:06

こんにちは

中東など命の危険もある中で、国境なき医師団の働き、
崇高ですよね。まさに風に立つライオンです。
最近、国境なき医師団の医師たちは薄給で頑張っているのに
事務局員の給与がバカ高くて問題になっていましたね。
寄付してもそっちにお金が流れてしまうんじゃあね。
Jaicaのことがよく分かりました。
いつもながら風子さん、博識で驚いています。

Edit | Reply | 

Hiro  2017, 09. 10 [Sun] 10:50

風子さん、こんにちは。

私の会社も多分狭義のNPOやNGOなのでしょうけれど、中にいる分は
あまり実感が湧かないです。そう、「安全・安心」がウリの、地域
の味方を標榜する、あの組織です。

けれども私の部署は、お年寄りへの弁当配達と安否確認を行ったり、
介護施設や幼稚園の給食支援を行ったりと、同じ組織内ではあっても、
まだ“三方よし”の精神があって、やりがいを感じます。

風子さんのボランティアの意味を見て、かつて、アルバイト募集に
苦戦していた時期に、「有償ボランティアのお仕事です」なんていう
フレーズを広告に出してしまった自分が、とても恥ずかしくと思いま
した。

とにもかくにも、今は影響力こそ小さいですが、いつか将来、せめて、
『風に立つアリ』ぐらいにはなりたいですねぇ…(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?