セル・メモリー

 01, 2017 00:05
ホルモン

『人体の細胞のひとつ、ひとつに意識がある』

20年くらい前から、そう思っていました。
根拠は、幽体離脱を繰り返していたときの、
体感的な感覚とイマジネーション。
ざっくりと活字にすれば、次のような感覚です。

人は、究極的には『意識する光の粒子』。
微細な光が振動数を落として物質化。
魂の器としての肉体を持った。

光の粒子は人体に浸透し、
同時に全体を包み込んでいる。
それは意識を内在するエネルギーで、
人体の代謝を促す原動力。
それはまた、国によって『霊魂』とか『オーラ』、
『気』『ドーシャ』などと言われる。

人体に七カ所あるチャクラは、
ホルモン分泌器官と合致。
チャクラは、エネルギーの変電所のようなもの。
眠ることで、人はチャクラに宇宙エネルギーを蓄える。
そのエネルギーがホルモンのバランスを整え、
心身を安定(ホメオスタシス)させる。

医学、科学、物理学者も、未だ意識の何かは知らない。
ユングに言わせると、顕在意識は、
意識全体の5%を占めているに過ぎない、という。
睡眠はもとより、意識を失っても、
呼吸や心臓、消化器官は活動している。
それは潜在意識の働きによるもの。
最も神秘なのは、潜在意識に「自我」がないこと。

地球から観測できる宇宙は、全体の5%。
残りの95%は正体不明。
顕在意識(自分で意識できる)は5%。
残りの95%は潜在意識(無意識)。
これは単なる偶然だろうか?


そんなこんなで、今も、魂の器である人体の精妙な創りに魅せられています。
それも、代謝の最高産物であるホルモンはスペシャル……。
   ★ホルモン
    『刺激する、眼を覚まさせて活動』させる」という意味のギリシア語。


というのも‥‥。
食べ物は消化、吸収、分解、合成され、
最後に代謝の最高産物であるホルモンを作ります。
そのホルモンは唾液腺や汗腺のような、
液体が流れる専用の“腺”を持ちません。
必要に応じて瞬時に、体内の何処にでも発射され、
少量で劇的な変化をもたらします。(内分泌系)
細胞や組織の活性や低下から、気分の高揚、落ち込みまで、
人体を自在に操る“魔法の精製液”というわけです。

成長ホルモン、睡眠ホルモン「メラトニン」
幸せホルモンといわれる「セロトニン」などなど、
鍼灸専門学校で生理学を学んだ頃、
人体のホルモンは28種類くらいでした。
(教科書製本は、今から30年ほど前?)、

ですが現在、ホルモンは100種類もあるようですし、
まだ新しく発見され増え続けていると言われています。

(((ʘ ʘ))100種類?
どんどん新しいホルモンが発見されてる?

これは驚きです。
医学生が学ぶ教科書は、
たいてい10年ほど前の知識を集約して編纂したもの。
医師免許を取った頃には、
習得した知識の信憑性は薄い、ってことですから‥‥。

ですがどっこい……。
新旧は、知識だけではないようです。

大昔から突然変異を繰り返してきた人のDNA。
地球環境や、食、精神環境の変化で、
DNAは今も変化し続けているようです。

ということは……。
それに応じた内分泌系の変化があり、
人体のアップディとかが進行しているのかもしれません。


!(・。・)DNAと言えば……。
2003年、全ヒトゲノムの解読が完了しました。
その国際プロジェクトは、アメリカ、フランス、
イギリス、日本、ドイツといった国々でしたが、
日本では、STAP細胞ニュースで有名になった、
理化学研究所なんかが携わったんですねぇ。

★ヒトゲノム計画
ヒトの設計図である約8万の遺伝子と、
それを形作る約30億対のDNA塩基の全てを解読し、
DNA の配列と役割を明らかにするプロジェクト。
その目的は、遺伝子疾患の原因追究や、治療法の開発。
ヒトの進化の解明や、バイオ技術の構築。
生命科学への応用など。


で、15年経った今では企業間の攻防……。
エイズや、乳がんに耐性を持つ遺伝子の
『遺伝子特許』合戦が激化しているというわけです。


ヒトゲノムは現在、編集の時代を迎えています。
科学者たちはDNAを合成して、
符号化された文章、画像、音声ファイルなどを
それに組み込んできました。
それはデジタルメディアにデータを保存するのと似ています。
この方法で、人口のDNA1gに、CD約300万枚分のデータを保存。
何百年、何千年もの間、保管できるようになると言います。
DNAは“究極のハードディスク”と呼ばれているのです。


そんな情報に並行して……。
最近、米国エモリー大学の研究チームが、
恐怖の『記憶』が精子を介して子孫に遺伝することを、
ネズミの実験で証明しました。
(科学誌ネイチャー・ニューロ サイエンス電子版)
従来、学習や経験は遺伝しない。
それが常識だったにも関わらず、です。


ってことは……です。
近年盛んに行われていた『セル・メモリー研究』。
記憶は細胞に宿るのでは?という仮説研究の結論って、
出たも同然じゃないですかね?

臓器移植を受けた後、 ドナーの趣味嗜好や習慣、
性癖、性格の一部、ドナーの経験の断片が、
自分に移ったと感じているレシピエントがいても、
なんら不思議ではないんですねぇ。


ヒトゲノムは予想通り、爆発的な商用時代を迎えました。

今ではミトコンドリアDNAで、先祖のルーツだって調べられます。
アフリカ発、北回り、南方回りで日本に…みたいな。
その検査キッドが、各社から販売されているんですねぇ。
また、性格に関わる遺伝子検査を提供している会社も複数あるようで、
狂暴、依存癖などがあると、採用しない会社もあるとか。

こうなると、トランプの白人至上主義どころではありません。
エリート精子や卵子バンクがもてはやされ、
婚活の一環に遺伝子検査を加える、なぁ~んて、
差別と格差に満ちた時代がくるかも……ですよね。(´-﹏-`;)


ところで、そのDNA……。
進化の賜物ではありますが、
始まりの、始まりは、誰が創ったと思います。

思うに……。
創ったのは、あなたであり、私の『意識』。
私たちの『意識』が、
DNAという設計図を創ったと、
私は思っています。

そんなことを密かに思っていた日々に、
すてきなオジサンのページに行き着きました。


DNAは単なる設計図にすぎず、
それも環境によって書き換え可能な設計図である。
従って、生命はDNAに支配されていなかった。

それでは、生命を支配しているのは脳か? 
そうではない。
真の制作者は、DNAや脳ではなく
「人間の意識」であると考えざるを得ない。

人は心の持ちようを変えることによって、
遺伝子のオンとオフを切り替えれば、
一生涯進化できる可能性がある。
一般に、頭がいい人と悪い人がいるといわれているが、
脳そのものにはいい、悪いの区別はない。
脳は、使い方によって、良くなったり悪くなったりする。
脳を上手に使えば、思いは必ず実現する。

脳を動かしているのは、自分の心であり、意識だ。
脳はテレビやラジオの受信機のようなものであり、
心や意識が真の創造者である。
脳は私たちが「できる」と思っていることしかできない。
逆にいえば「できない」と考えていることはできないのだ。
       筑波大学名誉教授/ 村上和雄


     プロフィール
     ・筑波大学名誉教授。
      米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、
      米国バンダービルト大学医学部等を経て、
       1978年より筑波大学応用生物化学系教授。
     ・同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長等を務め、
      99年に退官。
     ・83年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功。
      世界的な注目を集める。
     ・90年、マックス・プランク研究賞、96年、日本学士院賞を受賞。
     ・公益財団法人国際科学振興財団バイオ研究所所長
     ・イネ全遺伝子の塩基配列決定に関する研究
     ・心と遺伝子の相互作用に関する研究



٩(ˊᗜˋ*)وヤッホー!同類の予感……。
そう思うのは、私だけでしょうか?




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ
関連記事

COMMENT 9

風子  2017, 10. 08 [Sun] 04:04

Re: ウナさんコメントありがとうございます!

> それは『テロメア』でした
> 週刊新潮に詳しくありましたが
> F子さんの記事を読んでいたので復習のように
> スラスラ記事が読めました。

ほぉ!(((ʘ ʘ;)))……それは良かった!

スペルミジン……さすが、ウナさん。
ヨーグルト、納豆などの発酵食品、健康のカギですよねぇ。

> 『脳機能を不安定させる生活を見直そう』と新聞にありました
> おもしろアンケートがありましたので近々ブログに貼ります

記事、楽しみに待ってます。

カナダの親父さん、病気じゃなくてよかったですね。
あれだけパワフルに記事を更新していたら、大丈夫でしょう。あはは((´∀`*))

Edit | Reply | 

千鳥足・ウナ  2017, 10. 07 [Sat] 22:59

『意識と知識』と現実

おはようございます
昼寝から戻りました・・・?
あはは


或る日何かを探しておりました
それは『テロメア』でした
F子さんのブログにありました
週刊新潮に詳しくありましたが
F子さんの記事を読んでいたので復習のように
スラスラ記事が読めました


或る日何かを探しておりました
それは『スペルミジン』でした

・・難しい
調べなきゃ・・・
あはは

カップのヨーグルトがあるでしょ
おいらは容器を振ってストローを差し込んで
吸います
このあいだ孫が同じことをしておりました
あはは


『脳機能を不安定させる生活を見直そう』と新聞にありました
おもしろアンケートがありましたので近々ブログに貼ります


季節が移ろい
落ち着いた空気に満たされて参りました
美味しいものも目白押しです

風子さんもお風邪に気をつけて
よい週末をお過ごしください。

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 10. 07 [Sat] 08:26

鍵コメさんへ。

ちょっと横から余計なことを言わせていただきますよ。

ご意見が面白そうで、興味を持っているのですが、
鍵コメなので全文が載せられてないのが残念です。

もし名前を出すことに差し障りでもあるのなら、
ここだけ専用の名前にして、コメントの全文を読めるように
していただけるといいと思うのですがね。

コメントは、誠実で、礼を逸してないなら、
反対意見でも異論でも疑問でも全然問題ないと思いますよ。

真摯な疑問に、真摯に解答する。
これって、他の人にも、すごくいいことなんですけどね。^^)

Edit | Reply | 

風子  2017, 10. 02 [Mon] 17:55

Re: 🔓コメさん 面白~い!

> 泥水のたとえ、上澄みが人間というのが今の私には納得いかないです。

かつて、私たちは獣レベルの意識で、少しづつ進化したという意味です。
分けているのではなく、順番に進化していくという意味の…。

> 自殺者や精神疾患の数が増える一方だし。

この問題に関しては、輪廻転生の意義、
魂の課題についての本などで納得できると思います。

> 私は生命以外もすべてのモノ(現象)が魂を有するかも?とも思っているのです。

これは、おっしゃる通りだと、私も思っています。
岩も金属も、空気も‥‥森羅万象の全てが意識(魂)を持っていると思います。

> じゃあ、なぜ虫に生まれてくる命と動物、人に生まれてくる命とあるのか?

人間やって、悪いことして、また虫に生まれるとかはないんじゃないですかね

!(・。・)b 🔓コメさんの疑問に全て答えを得ようとすれば、
好むと好まざるに関わらず、最低でも数百冊の本が必要になります。
私は、かつて『本屋か?』と思うほど読みましたが……。

>それぞれが、今をベストに生きるべきだと思うのです。

これが私のベストだと思って生きてる人が、
ほとんどじゃないでしょうか?

怠け者、独裁者、浮浪者、先生、政治家、etc……。
自分の価値観に従って……です。

こちらこそ、ありがとうございました。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 10. 02 [Mon] 13:50

Re: 🔓コメさん こんにちわ!

毎度々、🔓コメですが、立派なご意見、ありがとうございます。

> 動物も虫も単細胞生物も意識を持つ訳です。

これについて、もちろん意識を持っていますが、
私は次のように考えています。(過去、さまざまな書籍を読み耽った結果)

かつて、人間や動物の意識が混ざった“泥水”があった。
しばらくすると泥が沈殿し、透き通った上澄み水ができた。
透明な水は人間になり、沈殿した泥は、それ以外の生物になった。

これは意識の進化物語ですから、
肉体の人間をイメージするのではなく、
意識レベルで解釈ください。

釈迦の言う『畜生界』とは、おっしゃるとおり、
五蓋を意味することでしょうね。

高等動物とは何か。
いわゆる有識者と呼ばれる、その道の専門家や博士、教授などではなく、
胸のチャクラ(無償の慈愛を示せるか否か)が発達しているか否かだと思います。

だから、ニルバーナに行く、行かないに格差なんてないですし、
人間は泥水の部分から進化した存在だと認識しておくことが大切。
動物や生物には感謝し、人間は、その成長を助ける立場だと思います。


> 私はスピには興味がないのですよ。

これは∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! です。

“この世の生き方とそれの実践” → バリバリのスピ人生でしょう?
肉体の目に見えないものの方が、はるかに多い。
それを信じられるだけで、スピリチュアルですし
命を真剣に生きること自体、スピリチュアルな生き方じゃないでしょうか。
🔓コメさん、ひょっとして、
ネットの巷に氾濫する“スピオタク”にアレルギーかも?


> ホルモンはね、直に細胞が組成しているんじゃないですかね?

生理学的には、そのとおりです。
ただ、睡眠時、圧倒的に増えることから、
宇宙エネルギーが絡んでいるんだろうと、
私は思っているわけです。
ホルモンの主成分だけではなく、
それを起動させるパワーのようなものが……。

> 長くなりました。毎度ばかばかしいお話し、失礼いたしました。

ぜ~んぜん! 個性的な、いいご意見だと感じましたよ。
また、お越しくださいね。ヽ(*´v‘*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 10. 01 [Sun] 14:30

Re: バーソさん、こんにちわぁ!

> 内容が以前とは違って、スピ&サイエンティフィックブログになりましたね~。

“お花畑のスピ住人”にはなりたくないですし、
人は元来が『霊的』な存在で、オカルト(隠された)の、
正しい意味を発信したいと思う気持ちが強くて、なんです。(^_^ ;)

> 潜在意識に「自我」がないということも、それを示しているようです。

この自我のない潜在意識こそが、大いなる自己(ハイヤーセルフ)の部分。
私たちの、95%を占める“本当の自分”の存在を信じ、
もっともっと、有効活用すればいいのに、と思います。

> ホルモンにもかなりの意識がありそうですね。
> いや、発射させているもっと上の意識があるということですか。
> その意識は《善良》そうです。神に近い意識なんでしょうか。

調べると、睡眠とホンモン分泌は密接に繋がっているので、
あるいは眠っている間に蓄えられる?
その世界からエネルギーを充電するときに付随する
エッセンスによってホルモンになるのでは? と思っています。
もちろん、代謝の最高産物として体内で生産はされますが、
それだけでは説明がつかないような働きをするんですねぇ。

> 人間とは意識なり。意識次第でどうにでもなる生きものなり。
> もっと自分の意識を意識しなくっちゃ。(笑)

ゲノム研究の先端で、金儲けではなく、
霊的な思考ができる学者が存在すること自体が、喜びですよねぇ。
ふつうのオバちゃんが何千回記事にするより、
訴求力、ありますから‥‥。(*^▽^*)



Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 10. 01 [Sun] 12:35

おはようございます

内容が以前とは違って、スピ&サイエンティフィックブログになりましたね~。

細胞一つ一つに意識があると本で読んで、最初は非常に驚いたのですが、
でも考えてみれば当然のことのように思えます。

モノはすべて原子からなっていて、生物も無生物も同じ仕組み。
人の場合、原子が集まって細胞になり、細胞が集まって人体になっている。
どの部分にも、その部分を制御する意識があり、
それらが集まって、一人の人間としての意識になっているのでしょう。
そしてその人間たちの意識を見ている、もっと大きな意識もありそうです。
潜在意識に「自我」がないということも、それを示しているようです。

ホルモンには専用の腺がなく、必要なところに発射されているのですか。
ホルモンにもかなりの意識がありそうですね。
いや、発射させているもっと上の意識があるということですか。
その意識は《善良》そうです。神に近い意識なんでしょうか。

人間とは意識なり。意識次第でどうにでもなる生きものなり。
もっと自分の意識を意識しなくっちゃ。(笑)

Edit | Reply | 

風子  2017, 10. 01 [Sun] 03:43

Re: あゆさん おはようございます!

来ていただき、ありがとうございます!

私のページは、かなり個性的な内容なので、
何でも、誰でも、相互リンクというのは遠慮させていただいてます。
ごめんなさいね。<(_ _)>


Edit | Reply | 

あゆ  2017, 10. 01 [Sun] 00:06

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/kBFKJk
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?