ハンディキャップ

 07, 2017 08:15
ケニー


1987年の映画『ケニー』を覚えていらっしゃいますか?
下半身を失ったままで生きる重度障害児として、
実在の人物ケニー・イースタディ本人が出演した映画です。

この映画は、当時小学生だった息子と二人で見に行きました。
ちょうど心身ともに最悪の時期でしたが、
障害にも負けず普通に生きようとするケニーの姿に胸を打たれ、
自らを反省。前向きになれた記憶があります。

なにが感動したって……。
映画は12歳のケニー本人が主演したという事実です。
しかも、その理由がスゴイです。
“ありのままの自分を視聴者に見せることで、
ハンディキャップを持つ人々を少しでも元気づけ、
障害者を社会の一員として認めさせたい”
そんな気持ちからだそうです。

誰からも教わることなく腕だけで上半身を支え、
腕で歩くことを憶えて、奇跡的な成長を続けたケニー。
通学や外出時は、周囲の人々を脅かさないようにと、
義足をつけて車椅子に乗ることもあったそうですが、
本音では自由が束縛される義足を嫌がり、
両手で動き回ることを好んだようです。

20代で結婚しましたが、うまいかずに離婚。
その後再婚して待望の娘を授かり、幸せに暮らしましたが、
2016年2月12日、42歳の若さでその生涯を終えました。
(医師から21歳くらいまでしか生きられないと言われていた)

何年生きたか、ではなく、
どう生きたか。


私にとっては、それを思い知らされた人物の一人でした。



で、20数年後、乙武洋匡著「五体不満足」が出版されました。
先天性四肢切断って、身体がほぼダルマ状態です。
それをさらりと…『五体満足』というタイトルにして、です。
ケニーの何倍もの過酷なハンディを背負ったにも関わらず、
乙武さんの精神性は驚くものでした。

「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」
そんなメッセージによって大ベストセラーとなり、
2010年に「五体不満足」は、一般書籍の部数記録が
国内で第3位だったそうです。

また、初めて赤ちゃんに対面したときの、
母親の言葉に多くの人が感動しました。
『まぁ、かわいい赤ちゃん』 
彼女、そう言ったんですよねぇ。

もっとも、母と子の対面までにはエピソードがあったそうです。

この子を 見たら、ショックで母体が危ないと思った医師は、
黄疸が激しいと嘘をついて、1ヶ月間、面会させなかったそうです。

対面の日、前もって医師が母親に言いました。
子供に会えなかった理由は黄疸ではないこと。
体に少し異常があるということ。
しかも卒倒したときに備えて、ベットまで用意して……。

それにしても、乙武さんの母はスゴイですねぇ。
心の準備があったとしても、ダルマ状態のわが子を見て
『可愛い!』なんて、絶対に無理。
私なら卒倒したのでは? と思います。


乙武さんは2001年に結婚。
現在は8歳の長男、5歳の次男、1歳の長女を持つ3児の父。
文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、
元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライターと、
多彩な才能を発揮してきましたが、
最近になってスキャンダルが発覚しました。

ショックでした。
5人の女性と浮気なんて、世間にはざらにある話ですが、
“(((ʘ ʘ;)))…ダルマ状態の彼が?”というショックです。

女性にもてる、って?
あの身体で妻以外の5人と交わる?
おぞましい光景かも?

ですが、そう思った瞬間……自分自身にゾッとしました。
浮気なんて珍しくもないのに、乙武さんに限って、
“おぞましい”と感じてしまった自分の中の偏見に気づき、
ダブルショックで落ち込みました。(´-﹏-`;)

奥さんとの間に3人の子供がいるわけですから、
セックスも健常者と同じ。
あたり前のことですよね。
それが 先天性四肢切断者の浮気だからといって、
“おぞましい”と感じるって、変ですよね。

よ~く、考え、自分の感情の原因に気づきました。

わたし、怒っていたんです。

なぜって、ケニーと同じように、乙武さんはもちろん、
彼の母や、妻になった女性も心から尊敬していたんです。
妻にとって、介助の必要な夫は、手のかかる4人目の子同然だったはず。
そのパートナーを裏切り、5人の女性と浮気。
しかも、自分は、もてると豪語していたようですから。


『天はニ物を与えず』ですねぇ。

聡明であるが故に自信家になり、
生命力が強すぎて精力をコントロールできず、
恩人にも匹敵するパートナーに、
愛想をつかされるなんて……。

おっと!(・。・)b ……。
五体満足な男なら、どうってこともないんですよ。
世の中、そんな男は掃いて捨てるほどいますから。
ですが、乙武さんとなると、衝撃過ぎます。
本人も認めた、このスキャンダルを知り、
多くの支持者や、ファンも、さぞ落胆したことでしょう。



しか~し……。
乙武さんの人生は、ここからが正念場だと思います。


母は早晩、老いて逝きます。
介助の人手は福祉に委ねるとして、
人としての信頼を取り戻せるか否か、ですよね。
今回のことで、心根に『感謝』の気持ちを刻印できたのか。
博識、聡明な彼の頭脳が、どんな未来設計を描いているのか。
長い目で見守り、応援していきたいものですね。

(*′☉.̫☉) えっ? 
怒って、ファン辞めるんじゃなかったの? って?

いえいえ……今回のスキャンダルを除けば、ですが、
彼の存在が、どんなに多くの身障者を励まし、
福祉社会に影響を与えたかは計り知れないでしょう?

今でこそ開き直って堂々としていますが、
有名人になるまでは気味悪がられ、どんなに偏見を受けたことでしょう。
人知れず、それら全てを乗り越えてきたんですよねぇ。
まっ、頑張っただけに自信過剰で生意気な感ですが、
そこはそれ、パーフェクトな人間はいませんし、(^_^ ;)
やっぱり、選ばれた、シンボリックな魂ですから……ネ!

しつこく弁護すれば……(^_^ ;)

すでに過去形か、現在進行形か知りませんが、
人間、誰でもダークな部分、あるでしょう?
解っちゃいるけど、止められないとか、
自責の念に駆られるとか。
消えてしまいたいとか‥‥。

ですが人は、本質的に、自分を好きでいたいものです。
早晩、反省し、前を向き、自分を褒めてやれる道を模索して
歩き始めるんですよね。



ハンディキャップを持って生まれた人を、
欧米では『選ばれた人』と表現しますよね。
確かに、高いハードルを選択した人々だと、私も思っています。
パラリンピックを観ていても、ですが、
彼等の存在なくして、誰も五体満足のありがたさを
知ることはないでしょうから……。


障がいを持つ母親のもとに生まれた息子は、
そのことを受け入れなければ先に進むことができません。
けれども、息子が培った強さは、
やがて『差別をしない』という優しさへと
つながっていくことと私は信じています。
     車いすの金メダリスト・土田和歌子




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ
関連記事

COMMENT 11

風子  2017, 08. 13 [Sun] 08:16

Re: 予感伊予柑でこぽんぽん…なんちゅうタイトル!

> ブログの休止? なんとなく感じておりました。

ほぉ、さすがウナ大明神、もとい、ぼけなす・ウナさん。
いつの間に改名したんじゃろ?

> 『kenny』を記事にしたときに、
> 『テロ』を書いたときにもです
>

(^_^ ;)……バレバレですやん!
世のダークな部分、無視はできませんが、
そこに囚われ始めると際限がありません。
ネタに枯渇したとき、日頃は腹に収めている
批判メカニズムが顔を出します。
しかし、その記事を書く自分を疑う
もう一人の自分がいるわけです。

どんなに醜悪に見えても、それは必要で生じている。
やがて訪れる変化の兆し。
それらは“何が大切か”を再認識する現象。
と、解っているのに……、です。

> おいら、 のんびり逝きましゅ・・・あはは。

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! ……。
おいら、ピンコロ好みでやんすよ。((´∀`*))あはは。

Edit | Reply | 

ぼけなす・ウナ  2017, 08. 13 [Sun] 03:49

予感伊予柑でこぽんぽん

おはようございます
ブログの休止?
なんとなく感じておりました
平素、日常、そして『頑固』
わたくしたちは
それはそれは厄介に出来ておりまする
誰もに門戸を開け放しているように振る舞い
そのじつ
無頼は押し返す・・・
『kenny』を記事にしたときに
はて?とおもいました
『テロ』を書いたときにもです

わたくしたちは
悪事には門外漢でなくてはいけません

ブログの休止?

のんびりいきましょ(行きましょう、生きましょう)
おいら
のんびり
逝きましゅ・・・あはは。

Edit | Reply | 

風子  2017, 08. 10 [Thu] 05:47

Re: ウナさん面白すぎる!

> 「こんにちは、暑いですネ」とまず挨拶
> このあいだ秋葉原駅で手を貸しました

(´ー`*)ウンウン ウナさんらしいですね。
とりあえず、一声かける思いやり、ですよね。

> 健常者といいますがこれは『驕り』です
> 障碍者といいますがこれは個性です
> 犬もいれば猫もいる、これが世の中です

( ̄~ ̄;) ウーン……私も最近『健常者』『障碍者』
を分ける言葉に、ちょっと違和感を覚えています。
他に適切な表現、ないものですかねぇ。

> 『旅の途中』で出会う全てに慈しみを持っては如何でしょうか
> わたくしはそう心がけております。

( ̄~ ̄;) ウーン……慈しみ、いい言葉なんですが、
その気持ちを同情や、差別意識と捉える人もいて、
とんでもなく難しいと思う、今日この頃ざんすよ。

神経質に考えすぎると、何もできない。
まっ、ウナさん流に、ひょうひょうと生きましょう。

>ひとはなにも持たずに生まれ来て、やがて何も持たずに土に還るのだそうです

!(・。・)b コレコレ!……コレさえ自覚していれば、
世の中、平和ですよねぇ。恐れ入りやしたぁ。 m(__)m あはは。

Edit | Reply | 

ぼけなす・ウナ  2017, 08. 10 [Thu] 04:42

情けは人の為五郎

ダックスフントを片手で抱くときには
後脚の間に腕を差し入れて
頸を手のひらに乗せます

二の腕で『鰻』を持つのです
白杖のお方にもこの要領で・・・
無言ではいけません
「こんにちは、暑いですネ」とまず挨拶
このあいだ秋葉原駅で手を貸しました

おはようございます

健常者といいますがこれは『驕り』です
障碍者といいますがこれは個性です
犬もいれば猫もいる、これが世の中です

ひとはなにも持たずに生まれ来て
やがて何も持たずに土に還るのだそうです


『旅の途中』で出会う全てに慈しみを持っては如何でしょうか
わたくしはそう心がけております。

Edit | Reply | 

風子  2017, 08. 09 [Wed] 03:58

Re: utokyoさんコメントありがとうございます!

> 私も機会があればぜひ観たいです。

YouTubeで観れますよ。

> 乙武さんは、元奥様に提訴されましたね。
> 教育者でもいらっしゃった方なので、このような事態は非常に抵抗があります。
> 3人のお子様のためにも、早く収束してほしいと思いました。

そうですよね。
子供たちのために“誇れる父親”としての
生きざまを見せて欲しいものです。(*^▽^*)


Edit | Reply | 

utokyo318  2017, 08. 08 [Tue] 20:43

「ケニー」は観ていませんが、すでに亡くなられていたんですね・・・・
お子様がいらっしゃるので、さぞかし無念だったのではと思います。
当時、映画に勇気づけられた方は多かったでしょうね。
私も機会があればぜひ観たいです。

乙武さんは、元奥様に提訴されましたね。
教育者でもいらっしゃった方なので、このような事態は非常に抵抗があります。
3人のお子様のためにも、早く収束してほしいと思いました。


Edit | Reply | 

風子  2017, 08. 08 [Tue] 15:05

Re: エリアンダーさん 目から鱗♪

> 「障害が「ふつう」である世界で生きていきたい。
> 私たちを感動するための道具として使ってほしくない。
> そう言う行為は名づけるとすれば感動ポルノです」

(*′☉.̫☉)な~るほどぉ!!
障害者の切なる願いなんですね!
そう言われると、穴があったら入りたい気分です。
まして(((ʘ ʘ;)))“感動ポルノ”とは、なんてこった!
これはステラ・ヤング氏にしか、思いつかない新語ですねぇ。


> 感動ポルノ的TV番組って多いですよね。
> 障がいを克服してこんなことを達成した!とか
> 「・・・時間テレビ」とかね。

確かに。
視聴者は、それを観ることで勇気をもらったりするのですが、
よい兆候とは言えないのですね。
だとしたら、パラリンピックも、ですかね?
私なんか、毎回、泣きながら直視していますが……。

> ヤング氏は子供のころ障がいはあっても普通に生活して
> いるだけだったのに、地域から「達成賞」で表彰されそうになりました。
> そのときヤング氏の母親が毅然として地域の人に言ったそうです。
> 「ありがたいお話ですけど、娘は普通に生活していて何も達成していません」

これも健常者としては耳の痛い話です。
結局、私たちは、彼らをどう観て、接すればいいのでしょう?
頼まれない限り、手を差し伸べる必要もない?

というのも、電車内で、行きずりの盲人と話し込んでて、
目的地に着いた時『手を貸しましょうか?』と言ってしまいました。
サラリと断られましたが、後で後悔しました。
一人で不安なら電車、乗ってませんよね。
『じゃぁ、さようなら』と言うべきだった……と。

ヤング氏の母親の気持ちもよ~く解ります。
ありがた迷惑なんですよね。
親切と、ありがた迷惑の境界が微妙で難しいですね。

>乙武氏はスキャンダルのとき、普通のおまぬけに扱われて内心嬉しく
 感じたかもしれません。

(((ʘ ʘ;)))ワ~オ、そうなんですかぁ。
だとしたら、彼は深い。
若き織田信長のごとき“うつけ”を演じ、
あえて、ふつうの人生にチャレンジしたつもりとか‥‥(。・?_?・。)ムゥ…。

いずれにせよ、貴重なご意見、ありがとうございました。
さすが、エリアンダーさん……目から鱗です。(*^▽^*)


Edit | Reply | 

エリアンダー  2017, 08. 08 [Tue] 14:03

感動ポルノ

自身障がい者でコメディアン・ジャーナリストのステラ・ヤング氏は、
「障害が「ふつう」である世界で生きていきたい。
私たちを感動するための道具として使ってほしくない。
そう言う行為は名づけるとすれば感動ポルノです」
感動ポルノ的TV番組って多いですよね。
障がいを克服してこんなことを達成した!とか
「・・・時間テレビ」とかね。
ヤング氏は子供のころ障がいはあっても普通に生活して
いるだけだったのに、地域から「達成賞」で表彰されそうになりました。
そのときヤング氏の母親が毅然として地域の人に言ったそうです。
「ありがたいお話ですけど、娘は普通に生活していて何も達成していません」
乙武氏はスキャンダルのとき、普通のおまぬけに扱われて内心嬉しく
感じたかもしれません。

Edit | Reply | 

風子  2017, 08. 08 [Tue] 12:00

Re: バーソさんこんにちわ!

> 一度、新宿駅の構内で見かけました。あの電動イスに座っていました。

(((ʘ ʘ;)))そうなんですかぁ。
有名人ですし、さぞ人目を引いたことでしょう。

> 女性にモテるのは本人が二枚目で頭脳がいいせいもあるでしょうが、
> それ以上に有名人だから、という理由が大きいように思いましたね。

(。・?_?・。)ムゥ…有名人って、そんなに魅力ですかねぇ。
二枚目とも思わないし、わたしには理解不能です。
頭脳明晰な人が、自分でモテルって言っちゃぁ、お終いです。

> 女たちの精神構造がおぞましいと感じました。
> 愛情とか同情とか親切心じゃないのですね。

同感です。
本人はなんのアクションもとれないのだから、
おバカな女性たちの愚行、精神構造を疑うばかりで、
これも理解不能に思えます。


> 男は本質的に女性に対して清純なイメージを持っているのですが、

うん?(・_・?)……それ、バーソさんに限って、じゃないでしょうか?
私が言うのも変ですが、女性は感情的で厄介な側面が多いと思います。
妬み、誹り、ジェラシー、女三人寄れば姦しい……ですよ。
井戸端会議とか、群れるとか、勘弁して欲しいタイプなもんで……。

> この男性はこれからも女遊びの傾向は治らないと思います。
> 有名人である限り、軽薄な女が次々に近づいて来るとも思います。

(*′☉.̫☉)ほぉ、バーソさんは、そう思いますかぁ。
私、同じこと繰り返したら、救いようがないと思っています。
なんのために過酷な肉体を持ったのか、と……。

ですが、アインシュタイン、エジソン、モーツアルト、ゴッホなど、
歴史に残る偉人たちも、人物像は破天荒、破廉恥な人、多いですよね。
だからこそ昔も今も、地球に生まれ変わるのかも……。(^_^ ;)

余談です。
バーソさんへの返コメ、10回、書き直しましたぁ。
途中で動作が固まり、強制終了させられて……。
FC2って、こんなトラブル、よくありますよねぇ。(´-﹏-`;)

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 08. 08 [Tue] 09:37

No title

一度、新宿駅の構内で見かけました。あの電動イスに座っていました。
『五体不満足』の本は読みました。
内容はまったく覚えていません。感動はなかったですね。
書き方があまりうまくなかったせいかと思っています。
でもお母さんが「かわいい」と言った話はすごかったです。
赤ちゃんの顔だけを見て、一瞬そう思ったのか、
そう思うようにしていこう、と決意を言葉に出したのか。
いずれにしても運命を受け入れたのはたいしたものだと思いました。

女性にモテるのは本人が二枚目で頭脳がいいせいもあるでしょうが、
それ以上に有名人だから、という理由が大きいように思いましたね。
歯医者で週刊誌をチラ読みしたら、
そのときどうするかの女性何人かの体験談が出ていて、
まあ、ここには書けないような表現で、そういうことを平気で言う
女たちの精神構造がおぞましいと感じました。
愛情とか同情とか親切心じゃないのですね。
男は本質的に女性に対して清純なイメージを持っているのですが、
いや、女もいろいろいるのだなあと感じました。

こういう状況になれば、このひとの奥さんは離婚するのが当然でしょう。
これから子供を抱えて大変です。これも魂の選択なのでしょうが。
この男性はこれからも女遊びの傾向は治らないと思います。
有名人である限り、軽薄な女が次々に近づいて来るとも思います。
ハンディがあるので許容してやれという見方があるかもしれません。

それにしても彼も選ばれた魂のようです。
だからといって完璧ではない。それでいいのでしょう。
世間はこういうことに騒ぎ過ぎだと思います。
放っておいたら他の展開があったと思いますが、
でもこれもまた前世から定まっているルートなんでしょうね。

Edit | Reply | 

風子  2017, 08. 07 [Mon] 12:22

Re: 🔓コメさん こんにちわ♪

(´ー`*)ウンウン 男と女では、受け止め方も多少、違うでしょうね。

>有名人になって周りからチヤホヤされて大金も得たことでしょう。
 となれば当然今回のような誘惑は起こりえます。

そうですね。女性から誘惑を受けなければ、あり得ないですもの。(^_^ ;)
おっしゃるように、男同様に同罪ですね。

> 障害があっても他の人と変わらない仕事をする人もいます。
 そういう人にそもそも障害者と言うこと自体が差別だと私は思っています。

(*′☉.̫☉)なるほどぉ……。
この場合、障害年金などとの兼ね合いでしょうね。

> デリケートな問題を日本人はきちんと議論して結果を出すの嫌います。
 先進的な他国が正しいかはわかりませんが、
 この国の曖昧さの悪い部分が出ている分野ではあると私は思っています。

同感です! 
障害、病気、死となると、その傾向が強いと、私も思っています。
タブー視せず、現実を直視して議論して欲しいものですね。

確かに、「視覚障害者の」という言葉……。
これはTPOに合わせるべきだと思います。

ふむふむ。はっきりとした🔓コメさんの考えを伺い、嬉しいですよ。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?