追悼

 24, 2017 14:35
一角獣



小林麻央さんが、逝ってしまいました。

このニュースについて、
私なりの想いを発信してみます。


夫、海老蔵さんの会見を聞いて思いました。
麻央さんって『観音さま』のような女性だったのかも、と……。

というのも……。
荒んだ言動が目立っていた独身時代と違い、
確かに海老蔵さんは変わりました。
麻央さんが癌に侵された頃からでしょうか?
頭を丸め、内なる神を持ち、
芸にも精魂が込められるようになりましたよね。

一方の麻央さん……。
ステージ四の末期癌、全身転移という絶望の日々に
医師から『病気に逃げ込まないで』と諭され、ブログを立ち上げます。
一進一退の辛い日々の記録に、フォロワー数は258万人に膨れ上がり、
同じ病気で苦しむ人々に、勇気と希望を与え続けました。

なによりも感銘するのは、著名人の『闘病プロセス』を、
同じ病気の人々と共有したことではないでしょうか。
麻央さんのブログを読むことによって、彼女が何を考え、
どう人生に向き合っているかを共有できた。
その感動が、癌患者たちの新たな発信に繋がり、
コミュニティサイトまで立ち上がったのですから‥‥。

34歳という若さで、
五歳と四歳の子供を残して、
私たちが計り知れない悲しみの中で、
その瞬間、海老蔵さんに『愛してる』と呟いて、
彼女は、命ある限りの『愛』を放って旅立ちました。


『来生も一緒に……』
海老蔵さんのプロポーズだったそうです。
お二人は端から、それこそ『赤い絆』で結ばれた
ソウルメイトだったんでしょうね。

幼子を残して逝くという、母としては難関プログラムを選択し、
父は、子供の養育と、芸を極めるための精進に邁進する。
そんな試練に、果敢にも挑んだカップルだったんでしょうねぇ。 o(;_;)o


わたし、海老蔵さんが若い頃から、彼の目に惹かれていました。
食い入るような、見透かされるような、それでいて慈愛に満ちた目。
彼の目力は、他に類をみないほどです。

『麻央は傍で見ています。
麻央が願っていた想いを引き継ぎます。』
そう決意表明した彼の歌舞伎芸は研ぎ澄まされ、
人間国宝の域に達するのでは? と思っています。

麻央さんも、ですが、海老蔵さんも強いですねぇ。
妻の闘病中はもとより、危篤の最中にも役割(仕事)を消化し、
大泣きした後、自身を奮い立たせるのですから‥‥。

彼は、内なる神……信仰心を持っていると感じます。
妻の余命宣告を聞いた頃は、
あらゆる宗教、あらゆる療法に没頭したのでしょうが、
今は、ゆるぎない精神に至っているように観えます。
前回の記事に書いた『信仰心』です。信仰心


260万人のフォロワーのひとりとして、麻央さんに感謝です。
ご冥福を……とは言いません。
何度目かの地球卒業、おめでとうございます!』と言います。
ボロボロの肉体から解放されて、
今頃は家族に寄り添っていらっしゃるんでしょうね。
四十九日が過ぎて光の源に還ったら、
存分に、ご自分を褒めてあげてください。
苦痛と闘いながら、周囲の人たちへの思いやりを
欠かさなかった麻央さん……(* ・´з)(ε`・ *)chu♪ 脱帽です。



それにしても、海老蔵夫妻のケースは恵まれています。

海老蔵さんの歌舞伎関係の補佐には母と妹。
麻央さんの闘病には実母と姉の2人が……。
しかも最高水準の医療チームに見守られて。
麻央さんの闘病記はまるで、
用意周到に準備された脚本の“悲劇”にも思えます。

これが、名もない一般大衆ならどうでしょう?
高額医療費に付添人、家事や雑用に振り回されながら、
病人は願っても自宅に戻れないまま、
“無念の死”だけは、容赦なく訪れるわけです。

(*′☉.̫☉)おっととと……比べてはダメ<(_ _)>
そんなことより、もっと大切なことがあります。
“2人に1人が癌の時代”について、
改善すべき多くの問題に目をむけなくっちゃぁ! ですよね。

農薬漬けの野菜はもとより、抗生物質漬けの肉や魚、
放射能やPM2.5による空気や水の汚染について、
もっと多くの人が意識を向けること。
行政に働きかけること。
そのためにSNSをフル活用すること、etc……。

でないと……。
最高級食材を調達するセレブ達でも、
癌は一向に減らないでしょう?


自分もいつかは死ぬ。
それを思い出すことは、
失うものなど何もないということを
気づかせてくれる最善の方法です。
        スティーブ・ジョブス




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ
関連記事

COMMENT 11

風子  2017, 06. 29 [Thu] 14:50

Re: 🔓こめさんへ

> 今ある像を見て過去の体験から脳が勝手に……。
 
何度見ても、面白いです。
脳が勝手に、が(。・?_?・。)謎ですよね。

(((ʘ ʘ;)))ほぉ、それは楽しみです。
こちらこそ、ありがとうございます!

Edit | Reply | 

風子  2017, 06. 27 [Tue] 18:37

Re: ひゃあ まん丸さん!

(((ʘ ʘ;)))ひゃあ、仕事に精を出しているまん丸さん!
まさか、コメントいただけるなんて……。
さては、麻央さんの大ファンだったとか。ヽ(*´v‘*)

> うまく言葉では言えないんですけど、
> 麻央さんはこれでようやく自由に
> 大好きな家族とずっと一緒に
> いられるようになったんじゃないかな?
> って思うんですよ。
> 痛みや苦しみに犯された肉体の死から解き放たれて
> 精神というか魂の幸せを手に入れたといった感じ?

(*′☉.̫☉)ほぉ、これはスゴイ! 意外です。
魂、肯定派だったんですね。

> なんかね、
> うまく言えないんですけどね。

いやいや、充分、うまく、おっしゃってますよ。

“痛みや苦しみに犯された肉体の死から解き放たれて
精神というか魂の幸せを手に入れたといった感じ?”

死生観、精神、意識の在り様を、
充分に、ご存知だと思います。
そこらへんにいるオバちゃんとしても、
メッチャクチャ、嬉しいです。

>仕事に精を出しているオヤジです。

ほんまかいなぁ。
そのわりに、社会の『風をよむ』シリーズ、
熱心じゃございませんかぁ。
ってか……解ってますよ。共感しきりです。
腹に据えかねる、まん丸さんの憤り。

昨日、中国返還20年後の香港ドキュ、見てて思いました。
民主化運動に身を投じた、うら若き女性が、
『何も言わないと、政策に賛成してることになる』と‥‥。

内容は違いますが、私も、まん丸さんも同じ穴のムジナ。
“これだけは言って、死ぬぞお精神”なんですよねぇ。(^_^ ;)

Edit | Reply | 

三流亭まん丸  2017, 06. 27 [Tue] 17:50

ご無沙汰してます。
仕事に精を出しているオヤジです。

風子さんや、コメントされている皆様ほど
精神や死生観などを考えたことがない
そこらへんにいるオヤジが思うに、
うまく言葉では言えないんですけど、
麻央さんはこれでようやく自由に
大好きな家族とずっと一緒に
いられるようになったんじゃないかな?
って思うんですよ。

うまく言えないんですけど
痛みや苦しみに犯された肉体の死から解き放たれて
精神というか魂の幸せを手に入れたといった感じ?

なんかね、

うまく言えないんですけどね。




Edit | Reply | 

風子  2017, 06. 26 [Mon] 04:30

Re: エリアンダーさん、おはようございます!

> 子供たちの前から消えようとしているのに子供たちに
> 何もしてやれない自分が無念だったと思います。

そうですねぇ……。
闘病中、この無念さにず~と苛まれてきたと思うと、
誰もが大泣きしてしまいます。

> 亡くなるまで衆目に晒され続けたのも哀れに感じました。

同じ境遇だったとして、私なら“ひっそりと”を選択すると思います。
そこが麻央さんの凄い……強いところですね。

> 昔と違ってがんの痛みにモルヒネを使うようになり楽に
> なったと聞きますが、病期後半に、特に骨髄転移があると
> 激痛でモルヒネの効きもわるいらしいです。

友人、知人も、同じ過程を味わいました。
この世に痛みほど辛いことはありませんよね。
モルヒネを打つたびに『ああ、天国……』と、
安らかな顔になった友の顔を、忘れることができません。o(;_;)o

Edit | Reply | 

エリアンダー  2017, 06. 25 [Sun] 20:58

追悼

麻央さんはさぞ心残りだったでしょう。
肉親と別れ、この世から消えるのが無念というより
子供たちの前から消えようとしているのに子供たちに
何もしてやれない自分が無念だったと思います。
亡くなるまで衆目に晒され続けたのも哀れに感じました。

昔と違ってがんの痛みにモルヒネを使うようになり楽に
なったと聞きますが、病期後半に、特に骨髄転移があると
激痛でモルヒネの効きもわるいらしいです。


Edit | Reply | 

風子  2017, 06. 25 [Sun] 11:33

Re: バーソさんコメントありがとうございます♪

> スティーブ・ジョブスは、第一級の科学者なのに、
> スピリチュアルな意見をよく語りましたね。

スティーブ・ジョブスの閃きは、インスピレーションによるものだろうと、
私は思っています(本や、映画を見た限り)
あの馬鹿でかいパソコンをポケットに入れるるなんて発想、
凡人では浮かばないでしょうから。
そのインスピレーションの源泉についても、
彼は直観的に気づいていたのでは? と思っています。

> ニール・ウォルシュによれば、人はそれを自分で決めているそうです。

(´ー`*)ウンウン 同感です。潜在意識で、決めていると思います。
顕在意識(エゴ)では想像もつかないことなんでしょうが……。

> 目立つ生き方をして、目立つ死に方をするような人は、
> そのひとなりの目的を確かに果たしたのでしょう。

海老蔵夫妻の場合、本人たちの魂が選択し、
さらに『象徴』として、選ばれたのではないでしょうか。
『二人に一人が癌の時代』という問題に警鐘を鳴らし、
空気や水、電磁波、農薬、添加物を見直すための、
きっかけとしての象徴だろうと、私は思っています。

この世に生きているだけでも大したものですが、
目的を持ち、その達成に生涯をかける魂の方が、
より目立つことは、確かでしょうね。
その場合、本人だけの意思とは限らないかもしれません。
お手本として、目立たせる必要がある場合、
協力するスタッフも、沢山、必要でしょうから……。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 06. 25 [Sun] 10:06

おはようございます

まるで芸能界オンチなもので、
今回はコメントなしで、すみません。
代わりに死生観をちょっと。
スティーブ・ジョブスは、第一級の科学者なのに、
スピリチュアルな意見をよく語りましたね。
聖書に出てくるヨブという人も、
人は裸でこの世に出てくる。裸で彼処に帰ろう、と言いました。
人はいつかは死ぬのですが、
ニール・ウォルシュによれば、人はそれを自分で決めているそうです。
なるほど、そう思えば、それが一番もっともな考えだと思います。
人生に失敗はない。神が造った人生は完璧なはず。
みんな自分の人生目標を達成して死んでいくのでしょう。
目立つ生き方をして、目立つ死に方をするような人は、
そのひとなりの目的を確かに果たしたのでしょう。

Edit | Reply | 

風子  2017, 06. 25 [Sun] 06:21

Re: ウナさんおはようございます!

> 彼は私の五歳年上ですが
> 一番の飲み友達です。
> 移住したのは田舎暮らしが目的ではなくて
> 奥方さんの母を世話することでした。

そのお歳で、奥方の母の世話って、
正に老々介護ですねぇ。

> 笑い話の連続ではありますが
> 腹の奥に生えた一抹の『恐怖』
> わたしに拭えと言いたいのだと想います

お気持ち、察します。
人間、病気になると、嫌でも『死』を意識しますよね。
死までのプロセスを、具体的にイメージする日々が増えますので、
今のうちにやりたい事、会いたい人……みたいな、
終活に勤しむようになるんでしようね。

> 今晩、どうなりますことやら

(´ー`*)ウンウン 麻央さんのことでも話題にして、
互いが長生きしている幸せに乾杯、して下されぇ!

> 手元に最期となった麻央さんの写真があります
> 意外な速さに驚きました・・・
> 空も泣いております

モルヒネ系増えると早いですね。
限界を超えて、精神で生きていらっしゃったと思います。

> 死に向かう気持ちを思いますと
> いた堪れませんでした・・・

これは、大丈夫です。
懐かしい『お迎えメンバー』に寄り添われ、
至福のうちに肉体を離れますから。
とくに麻央さんは意識高い系ですから、
その瞬間、全てを思い出しただろうと推測。
安心して、慈愛に満ちた眼差しで、当分は、
家族を見守っていると思います。

母も父も、友人も‥‥。
早い段階から『ガイド』の存在を話してました。
とくに友人は、うわごとで『私は死を選択する』と明言。
目覚めたとき聞いたら、
毎晩のように、懐かしい人に会うと言ってました。

こんなこと、1000回、言うより、お互い、死んだら解りますよね。
死は、残された人が想像するほど辛く、悲しく、悲惨ではありません。
一度、あちらに行くと、もう戻りたくないって、思うほど……。(*^▽^*)あはは。

Edit | Reply | 

風子  2017, 06. 25 [Sun] 05:55

Re: デコさん、おはようございます!

> 可愛らしい顔立ちからは想像がつかぬほど
> 強い母であり続けたとデコは思っています
> 苦しかったろうな
> 辛かっただろうな。

(´ー`*)ウンウン  強く、優しい人でした。
日本中の人が泣き、共感と賞賛を分かち合った『できごと』でしたね。

> 子供達の事が何より心残りだっただろうと
> 思うと心が痛みます

これは、世の母の100%が、そう思いますよねぇ。
ですが子供たちの魂も、このプログラムを選択。

母亡きあと、家族が一丸となって、子供たちをフォローし、
子供たちも、その愛に応えて前を向くという、
家族愛シナリオに参加したんですよねぇ。

> ゆっくり休んで愛する家族を見守って欲しい

麻央さんほどの意識になると、たぶん、
転生は100年ほど先でしょうね。
私のように発展途上の魂は課題が多いので、
死んでもすぐに転生することでしょう。とほほ。(^_^ ;)

Edit | Reply | 

はしびろこう・ウナ  2017, 06. 25 [Sun] 04:54

死生観は変化する

おはようございます

昨日、杜の都へ移住した友がやって来ました
今晩、吞みます

彼は私の五歳年上ですが
一番の飲み友達です

移住したのは田舎暮らしが目的ではなくて
奥方さんの母を世話することでした


そんな彼は腎臓の数値が悪くてお医者にお酒を止められております

健康な人ほど『死』はあっけなく遣ってくると思い
死をおおらかに受け止めますが
かれにはなにやら『不安』が窺えました

笑い話の連続ではありますが
腹の奥に生えた一抹の『恐怖』
わたしに拭えと言いたいのだと想います

今晩、どうなりますことやら


手元に最期となった真央さんの写真があります
意外な速さに驚きました・・・
空も泣いております


ただただ、ご冥福をお祈りするだけで御座います
風子さんをはじめとした皆様の想いが届いていると思います

死に向かう気持ちを思いますと
いた堪れませんでした・・・

わたしもご冥福をお祈り致します
(風子さんの記事に、感謝です・・・・)



Edit | Reply | 

デコ  2017, 06. 25 [Sun] 04:53

可愛らしい顔立ちからは想像がつかぬほど
強い母であり続けたとデコは思っています

苦しかったろうな
辛かっただろうな

。。その中でも懸命に生きようとする姿に
胸を打たれますね

子供達の事が何より心残りだっただろうと
思うと心が痛みます

頑張り過ぎるくらい頑張った
麻央さんもそしてご家族の方も

ゆっくり休んで愛する家族を見守って欲しい

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?