不食

 15, 2017 18:15
星空


今現在、世界の80%の国では食料が不足。
アジアやアフリカなどの最貧国の飢餓人口は7億9500万人。
平均すると、世界の7人に1人、
アフリカ全体では3人に1人が飢えている
ようです。

原因は地球温暖化による気候の変化や、異常気象による農作物の不作。
しかも、穀物の半分以上が空腹を満たすのではなく、
下記のような目的で生産されているからです。

2012年に世界で生産された25億トンの穀物のうち、
主食などの食用として消費されたのは43%。
残りの36%が家畜や養殖魚のエサとして、
21%が食べ物に添加される加工でんぷんや甘味料、
バイオ燃料として消費されているのです。


一方、日本の年間食料廃棄量は2800万トン
食料消費全体の2割以上だそうです。
平均的な象1頭の体重が4tとして、700万頭ですよ。
(*′☉.̫☉)700万頭の象って、想像できます?
象100頭の集団が70000
、ってことですよぉ……しつこい(^_^ ;)

その中には食べ残しや賞味期限切れなどの、食品ロスが642万トンも含まれています。
大量に捨てるのはスーパーや飲食店と思いきや、
食品ロスのうち、約半分が家庭からだそうで驚きです。
半分といっても321万tの食品……。
1年間に象80頭分の食品が、
家庭から生ゴミとして捨てられているんですよぉ。



この゛世界的な格差、飢餓と廃棄のアンバランスを意識して、でしょうか?
最近、不食人口、増えてますよね。
期間限定の断食とかではなく、まったく食べない、飲まない人々。
そんな人々が、世界にはすでに(◎ー◎;)10万人とか‥‥。

日本では、『不食という生き方』の著者、秋山佳胤が有名です。
秋山さんは「我慢をしない、食べたいときには食べる、期限を決めない」
そういった独自のルールのもと、2年ほどかけて、だんだんと空腹に慣れていったそうです。
で……、ここ数年は完全な不食生活(水分も)。
大気中に無限に存在する「プラーナ」(気)を摂取して、生きているそうです。
もちろん仕事や講演、ボランティア活動と、精力的に動いています。

彼は、食べない方が元気だと言います
食物を消化するエネルギーは、フルマラソン1回分にも相当するという説も。
確かに食後は眠気に襲われたり、やる気が湧きませんよね。
その点、不食は消化エネルギーを他に充当できるので、集中力が持続。
エネルギーが有り余るので、必要な睡眠時間が2時間程度でよくなるといいます。

この感覚は、なんとなく理解できます。
38歳の頃、連休を利用して3泊4日のヨガ合宿に参加。
岐阜県の山中にある道場で、逃亡しようにも人家などない山奥でした。
プログラムは下記のようなもの……。

5時起床 → 清掃 → ヨガ(3時間) → 山歩き → 胃洗浄(2ℓの水を飲み吐く)
ヨガ(2時間) → 薬草風呂 → 瞑想 → 就寝  ……この繰り返し。
合宿中の食事は2食……600キロカロリー/日の正食のみでした。

合宿の帰路は梅田の地下街を通りますので、
反動でトンカツかなんか食べるような気がしていたのですが、
なんと、欲求がないまま帰宅。
翌朝も爽やかに目覚め、出勤したとき、仲間に言われたものです。

仲間A 『えぇ~っ!…風ちゃん…どうしたの?』  →  『なにが?』
仲間B 『なんか…人が変わったみたい…なんで?』  →  『はぁ……(・_・?)』

仲間に言わせると、人相、雰囲気ともに、激変していたようです。
たったの3泊4日、ヨガ三昧と食事コントロールでけで、です。
不思議ですが、空腹感があると五感は鋭敏になります。
身体能力もパワーアップして、できなかったポーズも簡単に。
掃除などの作業効率も一挙に向上していたように思いました。

で、それが続いたかというと、ぜ~んぜんです。(。・?_?・。)
1週間後には焼肉を貪り、ビールを飲み、デザートにケーキまで……。
美味しいものを食べる幸せに、ノックアウトされたというわけです。

そんな体験から、小食のメリットについては理解できます。
その先に不食があり、それにトライして成功するとすれば、
素晴らしい! 肉体や精神はもとより、世界が変わる!と、
確かに……思います。
価値観、人生観、時間の過ごし方、病気、免疫、頭の回転など、
全てが激変するだろうと……感動しそうです。

!(・。・)…宇宙人って、たぶん、不食か、極端な小食ですよね。
頭は大きく、口は退化、手足は細長い種、多いですもんね。
キン肉マンや、太っちょの宇宙人って、いないんでしょうね。(^_^ ;)

ですが……・。
ネットで、この生き方を検索していくと、死者も出ているんですよねぇ(飢餓)
不食で健康と長寿を手に入れた人 VS 餓死 ……・
この違い、原因はなんだと思います?
それは意識……。
食べなければ餓死するという認識が、
それを実現させているのですねぇ。
スゴイと言うか、恐いと言うか……



あのお、恥ずかしながら……言います。
わ・た・し‥美味しいものを食べているときの幸せ、捨てられません、です。
ただ、なるべく、小食に勤めようと思います。(^_^ ;)


本当にお腹が空いた時にだけ適量を食べ、
少しずつ食べる量を減らしてください。
食べる量を減らすだけで、
私たちは地球に貢献できます。
自然界をご覧ください。
過食の動物はいません
              秋山佳胤




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ
関連記事

COMMENT 20

風子  2017, 04. 18 [Tue] 19:25

Re: ミカンさん へ

> 私も、1日1食を続けて4年と少し経ちます。今では少し緩っていますが・・・

(((ʘ ʘ;)))すごぉ!4年ですかぁ。
さすが、毎日のウォーキングとともに小食とは、優等生ですねぇ。

> あっ!明日は、48時間ファスティングの日です(笑)。

(◎ー◎;)ひゃあ、48時間ファスティグ、定期的になさってるんですか?
ということは、その気になれば『不食』可能タイプの人ですね。
『意識の占める割合が大きい』って、ふつうの人ではない感性ですもの。

精神世界系の、さまざまな経験がある方でしょうか?
また、そのうち教えて下さいね! (* ・´з)(ε`・ *)chu♪

Edit | Reply | 

ミカン  2017, 04. 18 [Tue] 18:55

こんにちは、ミカンです。

食べないと死んでしまう・・・これが真理なのでしょうか?
普通は、当たり前じゃんと笑い飛ばされてしまいますよね。
でも、そうじゃない人もいる。そういう人は、特別な人なのでしょうか?
風子さんも言ってるように、意識の占める割合が大きいと思います。

断食と言うと苦しい・我慢という意識が先立ち、何か悪い事をしているように思いますが、食べなくても生きていけると意識すれば、苦しい・我慢から解放されるのではないかと思います。

私も、1日1食を続けて4年と少し経ちます。今では少し緩くやっていますが・・・
あっ!明日は、48時間ファスティングの日です(笑)。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 18 [Tue] 05:07

Re: ぴんさん初めまして!

>断食をするとオートファジーという機能が働き、
> 細胞が綺麗になるという話を聞いたことがあります。

(´ー`*)ウンウン …ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典さんが
発見した人の『自食作用』……オートファジー。
自らのタンパク質を分解、リサイクルして生命を保つシステムの存在ですよね。
ただ、飢餓の子供たちの腹水(自らのタンパク質を分解した結果)が貯まった腹部を思うと、
この作用が裏目に出るケースもあるんですよねぇ。
では、断食や不食で得られるオートファジーと、
飢餓の子供たちの身体に現れるオートファジーの副作用は、なにが決めてなのか?
思うに、そこに『意識』が絡むのでは? と、私は思うわけです。

>理想は托鉢だけで生きていくような生き方です。

(*′☉.̫☉)ほぉ!……托鉢となると坊さんでないと怪しまれるから、
やっぱ、修行僧の道でしょうね。
必要最低限のものだけ食べ、ひっそりと‥‥。
( ̄~ ̄;) ウーン……お気持ちは解ります。
あとは勇気と実行ですね。
ってか、それ、実行すると、現況のありがたさが身にい沁みるかも。
意外にもパラドックスだったりして……あはは(*^▽^*)

Edit | Reply | 

ぴん  2017, 04. 17 [Mon] 23:23

こんにちわ。断食をするとオートファジーという機能が働き、
細胞が綺麗になるという話を聞いたことがあります。
赤ちゃんが何も食べずに生きていけるのはその機能のため
とのことです。
しかし私は欲に弱いので不食にまで辿り着くことはできません。
少食も無理ですねぇ。何とかしたいようにも思いますが。
理想は托鉢だけで生きていくような生き方です。
世の中に出来るだけ迷惑を掛けず、必要最低限のものだけ食べ、
ひっそりと生きて行きたいように思います。
でも今の社会中々そういうことも難しいように思いますが。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 14:45

Re: 🔓コメさんへ

(((ʘ ʘ;)))……勢いに笑ってしまいいましたぁ。すみません。

ですが、おっしゃること、よ~く解ります。
特に『飽食によって殺されなくてもいい命が無駄に殺されている』
これは最も大切なことですね。

> 不食は本当に理想の姿でしょうか?

これについて、私も理想とは思っていません。
たぶん、彼らにとっての手段なんだろうなぁ…の感です。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 12:51

Re:ひまわりさん こんにちわ!

> 食は生命の定めであり、それはまた罪でもあるのですが、
 そのことによって自らが生命に生まれてきた理を知り、考える機会であるとも思います。

!(・。・)b な~るほどぉ! これは一理も二理もありますねぇ。

> 真に真理を実践する人は執着と偏りを避けます。お釈迦さまが不食ではないのがそのよい例でしょう。

♪(´∪`●)世界の不食者10万人は、なんらかの意図を持ち、
執着は卒業しているだろうと、私は思っています。
執着や偏りがあれば、まず不食は成立しない。
全員、餓死しているはずだと思っているわけです。

> もちろん、不食で生きられるひとがいるならそれを否定するわけではないのですが。

そうでしょうとも。
一日一食、しかも動物性タンパクや脂質を極力控えて『エコ暮らし』の人ですもの、
少食のメリットは誰よりも理解していらっしゃいますよね。
私も、ひまわりさんのブログから、良い影響をもらった一人ですよ。

ただ、不食をイメージすることはいいことだと思います。
世界経済の視点が激変……いかに無駄なエネルギーを費やしているのかが解ります。
飢餓人口と、飽食人口のギャップに気づけば、
少食の推進、食品ロスの改善など、人類の進化に繋がるでしょうから。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

ひまわり  2017, 04. 17 [Mon] 11:47

こんにちは。

私が思うのは不食というのはある種の執着ではないかということです。

食は生命の定めであり、それはまた罪でもあるのですが、そのことによって自らが生命に生まれてきた理を知り、考える機会であるとも思います。

だから私は生命の理を拒絶すべきではないと考えます。

もちろん、一時的な不食によって、それまでの体質を変化させることはよいでしょう。

私が問題に思うのは不食に執着することです。不食への執着はもはや飽食への執着と同じです。

自らの不食を誇示し執着するがゆえに、真似をして餓死する人がでる悲劇を生みだします。

真に真理を実践する人は執着と偏りを避けます。お釈迦さまが不食ではないのがそのよい例でしょう。

もちろん、不食で生きられるひとがいるならそれを否定するわけではないのですが。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 05:41

Re: デコさんおはようございます!

> 夕食でご飯を抜いておかずだけはよくやりますが

私も炭水化物は極力、少なめにしています。
夜は少なめ……基本ですよね。

> ドクダミ茶で便通もかなりいいですし^^
梅雨頃、白い花をつけるドクダミ……。
その辺にあったら、ぜひ、採取を。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 05:38

Re: ウナさんおはようございます!

> 食事とは単なる栄養の摂取ではありません
> 母の温もり、家人の愛、友への慈しみ……。

(´ー`*)ウンウン ……確かに、心に染み渡るものですよねぇ。
ただ、世界には心どころか、命を支える食も取れない人々が多いです。
世界の不食者は、その格差への警鐘のためにデモンストレーションかも?
と思っています。

不食を観ることで、食のすばらしさが判る。
パラドックスの法則ですよねぇ。((´∀`*)) あはは。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 05:32

Re: バーソさんおはようございます

> 実行したら間違いなく餓死するだろう
> と思っているので、そう思っている通りに、餓死すると思います。

これは、たいていの人がそうですよね。
表層意識ではなく、潜在意識の領域まで信念を浸透させるのは難しいと思います。

> 不食で生きようとするのは、そもそも人の本能に反しており、
> 人間の生き方として間違いのような気もしますし。

おっしゃる通りです。
彼ら(世界の不食実践者)は、世界に蔓延している飢餓や、異常気象などを見据えて、
ある種の『デモンストレーション』やってるのかもしれませんね。
・この世は『幻想』
・人は肉体ではなく意識
少なくても、このふたつの信念がないと成功はしないと思います。

> 以前、職場の三十位の女性が2週間ほど泊まりで断食………。

このての話は、目的意識しだいだと思います。
断食、半断食は、良からぬ団体も取り込む手法ですし。
基本、世のため人のため、地球を守る、みたいな意識基盤がなければ
意味を成さないと思います。

> インドの行者みたいに、道端に寝て、食べるものも乞食みたいで、
> 破れた汚い毛布一枚で過ごして、それで真の幸福感を味わいたい
> とはちょっと思わないですね。

ごもっとも……。
インドの行者は、端から生きることを放棄しているように観えます。
本物は、人前でなんてしないと思います。
それこそ深山幽谷、仙人として生きるのでは? と思います。((´∀`*))

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 17 [Mon] 05:17

Re: エリアンダーさん、おはようございます

> 俳優のなんとかさんも30日間の不食をやっとという
> 記事を読みました。
> 小食や短期の不食にはけっこう利点もあるんですね。

(´ー`*)……榎木さんだけではなく、黒柳さんとか、
けっこう実践している人も多いようです。
人前では食しても、プライベートでは……みたいな。

俳優の榎木さん、秋山さんともに、バリバリの精神世界住人のようです。

> 風子さんの言われるように、飢餓で亡くなる人と亡くならない人の
> 差は「意識」なんでしょうか。

不食に関してはかなり読み込みましたが、最終的には『意識』のようです。
・この世は『幻想』
・人は肉体ではなく、意識体である。
これらを、疑うことなく100%信じている人が成功するみたいな……。

私の甥っ子、阪大の循環器で15歳まで生きれないと宣告されましたが、
岐阜にあるカトリック系の断食道場に通い、今は、その道場で難病患者の断食指導しています。
カロリーを抑え、玄米菜食に徹し、現在48歳です。
臨死体験、キリスト体験などあり、生きてるというより、
生かされていると自覚しています。
不食ではなく小食、玄米菜食が基本です。

ゴア元アメリカ副大統領著『不都合な真実』に書かれた現実に対し
世界の不食者たちは警鐘を発しているのでは? と思っています。
で、ガイヤの意思、三重構造の遺伝子を先取りしたとか……。
そんな意味での『意識』なんですが……。

Edit | Reply | 

♪デコ♪  2017, 04. 17 [Mon] 03:53

分らないでもないですが
3食出来るだけ食べたいなっ

おやつを食べ過ぎちゃったら
甘い物摂り過ぎたら

夕食でご飯を抜いておかずだけはよくやりますが
お腹は多少出ても
今の体重をこれからも維持しながら
体力をこれ以上落とさないのが先決(笑)

ドクダミ茶で便通もかなりいいですし^^

Edit | Reply | 

はしびろこう・ウナ  2017, 04. 17 [Mon] 03:19

やはり二回になりました

お早うございます
不食は間違いです
食事とは単なる栄養の摂取ではありません
母の温もり
家人の愛
友への慈しみ
これ等は全て心に染み渡るものです

夏の乾きには
梅婆ちゃんの冷えた西瓜が最高でしゅ
お塩をパラパラ
親父は
枡酒をかつをの塩辛で遣っておりました

季節は巡る風車
昨日お初の筍に出会いました
家人の『若竹煮』には母が居ります

季節は巡る風車
喉もと過ぎれば味しない・・
『食』は母を父を梅婆ちゃんを
思い出ぼろぼろでしゅ
あはは。

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 04. 16 [Sun] 19:52

こんばんは~。

不食。興味を持ったことはありますが、
実際にしてみようと思ったことはないですね。
プラーナを取り入れる瞑想はしてみたことはありますが、
実際に感じたことはなく、実行したら間違いなく餓死するだろう
と思っているので、そう思っている通りに、餓死すると思います。

不食で生きようとするのは、そもそも人の本能に反しており、
人間の生き方として間違いのような気もしますし。

以前、職場の三十位の女性が2週間ほど泊まりで断食に行きました。
帰ってきたときの顔を見たら、顔の印象がかなり変わっていて、
目の奥に怪しく怖ろしげな光があり、ナントカ憑きのように見えました。
この人の場合は、何かの怪しげなことを教える道場だったのでしょうか。
やはり断食・不食は、常人ではなかなかできないように思えます。

とはいうものの、図書館にあったので2冊予約しました。
悟りの境地に至りたいとの願望はあるものの、
インドの行者みたいに、道端に寝て、食べるものも乞食みたいで、
破れた汚い毛布一枚で過ごして、それで真の幸福感を味わいたい
とはちょっと思わないですね。

Edit | Reply | 

エリアンダー  2017, 04. 16 [Sun] 19:43

私も以前から断食や小食に関心を持っています。
俳優のなんとかさんも30日間の不食をやっとという
記事を読みました。
小食や短期の不食にはけっこう利点もあるんですね。
現代人は確かに特に糖質を食べ過ぎです。
でも水も飲まない不食はどうなんでしょうか。
飲水を絶つと普通4、5日で亡くなると言われています。
風子さんの言われるように、飢餓で亡くなる人と亡くならない人の
差は「意識」なんでしょうか。秋山さんに訊いてみたいですね、
だれにでも不食はできるのか、それとも不食を実施するには何か
特別な意識を持つ必要があるなのかと。
そうすると「意識」を啓蒙すればこの世から飢餓がなくなるはずですね。
私もプラーナを摂りたいと思ったけど、食を絶たないとプラーナを
取り込めないんですよね、これが(笑)。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 16 [Sun] 15:49

Re: iomama さんコメントありがとうございます。

> 食材を買う時間、作るものを考える時間、料理を作る時間、片付ける時間
> それらがすっぽり無くなると、その時間でいろんなことが出来ますよね。

そ、そうなんです。
手間ひまゼロの、膨大な時間が発生します。
主婦にすれば4~5時間/日が、ごっそり空きます。
月にして150時間、年にして1825時間、
この時間を他のことに活用すれば、スゴイ事ができます。
正社員主婦なら、どんなに助かることか…。

食べなければ全ての家電も不必要、電気、ガスもさほど使わないわけで、
生活費は従来の50%くらいでOKかも? ですよね。
また社会的にも生産、流通、加工、販売が不必要になるわけですから、
まずエネルギー商業界の60%は消失、温暖化、異常気象、飢餓も消失することでしょう。
10万人の『食べない人々』は、地球規模の貢献をしているというわけです。

> プラーナだけを食べて
> 骸骨にはならないのでしょうか?

ならない人が、世界に10万人……すごいですね。
餓死した人は数人のようですよ。 それも意識の持ち方で‥‥。

> わたし、少し痩せたいとは 思っているのですが
> 食べないのは寂しいです( ̄д ̄;)ノ

ど、ど、同感です!
問題は食欲……好物も、となると、辛抱できないような……。(´・_・‘)

腐食を実行するには、意識改革が必須でしようね。
(少しづつ減らし、数年かけて、みたいなプロセスでないと無理)

課題① 食べない暮らしで得る膨大な時間を、どう使うか。 → 好きなことに没頭、学ぶ、楽しむ、ボランティア
課題② 食べない = 健康、長寿のメカニズムを知り、それを信じる。

真剣に考えたことありますが、考えただけ。(^_^ ;)
美味しいと思うものを食べる幸せ……捨てられないで~す。(´-﹏-`;)
ですが、意識して少食、ロスをなくす、くらいは実行しようと思います。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

iomama  2017, 04. 16 [Sun] 14:16

風子さんへ

こんにちは。

私は作ることも大好きですが
美味しいものを食べている時
しあわせを感じます。

友人たちとのお食事会も
とても楽しみです。

でも‥食材を買う時間
作るものを考える時間
料理を作る時間
片付ける時間

それらがすっぽり無くなると
その時間でいろんなことが出来ますよね。

プラーナだけを食べて
骸骨にはならないのでしょうか?

不思議です。

わたし、少し痩せたいとは
思っているのですが
食べないのは寂しいです( ̄д ̄;)ノ




Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 16 [Sun] 09:28

Re: 🔓コメさんへ

(*′☉.̫☉)ひゃあ、恥ずかし~い!
ありがとうございましたぁ。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 16 [Sun] 05:48

Re: ウナさんおはようございます!

> 朝・・おみよつけ一杯
> 昼・・海苔の佃煮ごはん
> 夕・・木綿一丁だけ

(◎ー◎;)……す、素晴らしい!

> おいらの潜水後の残圧の多さには誰もが驚きました
> 仲間の半分、初心者の三分の一くらい・・・

ほぉ! それはスゴイ!
ドキュメンタリー見ましたが、
南方の海洋民族に、そんな男たちがいました。
素潜りの達人たち……3分~5分、無酸素です。
ウナさんも究極のエコ呼吸やってらっしゃる、というわけですね。(*^▽^*)


> 泳ぎ方も歩き方も生き方も
> 何処か似ておりましゅ

参りましたぁm(__)m 
さすが海神、ポセイドンアドベンチャー ((´∀`*)) あはは。

Edit | Reply | 

はしびろこう・ウナ  2017, 04. 16 [Sun] 05:26

ゆっくり歩けば遠くまで逝ける・?・あはは

おはようございます
朝・・おみよつけ一杯
昼・・海苔の佃煮ごはん
夕・・木綿一丁だけ
薬味も勿論お醤油もなし
これでも身体は動きます
いや、むしろ軽く動きます

そうそう
スクーバー(エアータンク潜水)の話ですが
おいらの潜水後の残圧の多さには誰もが驚きました
仲間の半分、初心者の三分の一くらい・・・
素潜りも充分に行ないましたから
ゆっくりとした深い呼吸が身についたのかもしれません
泳ぎ方も歩き方も生き方も
何処か似ておりましゅ
あはは。


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?