余韻

 06, 2017 09:00
幻想夜景


初めて会ったのに、昔から知ってるような……。
初めて見る風景なのに、来たことあるような……。
この会話パターン、前にも誰かと交わしたような……。
わけもなく、涙があふれるメロディ……。
懐かしく、心揺さぶられる香り……。
全てが空しい、切ない……、
この虚無感は、どこから来るのだろう。

嫌だ!…理屈じゃない、生理的に受けつけない。
そういう輩に対しては、無性に腹が立つ。
その世界が好き、無性に……。
登りたい。
飛びたい。
潜りたい。


この感覚……皆さんにも、心当たりがあるでしよう?
良くも悪くも、遠い過去の感情の余韻とでもいうような、
懐かしさを伴った不思議な感覚の数々です。

それって、たぶん、今生のものではないかも?
と、オバちゃんは思っています。
過去世のどこかで味わった感情なんだろうと……。

ここで、ちょっとだけ講釈。(^_^ ;)
人が死ぬと、脳細胞も腐ります。
脳に刻まれた記憶(思考、知識)は全て消滅しますが、
胸のチャクラに刻まれた『感情』だけはスペシャル。
輪廻を繰り返しても、感情は『余韻』として残るようです。
“感情は魂の言語”といわれる所以なんですねぇ。

ノーベル賞を受賞した科学者だったとか、
大統領や、スポーツの世界王者だったとしても、
プロフィールが余韻として残ることはないようです。
研究成果で人々の病気を治したとか、
貧しい人々に寄り添う大統領だったとか、
子供たちに夢や希望を与えたなど、
愛に基づいた行為が付随していれば、
胸のチャクラに刻まれるわけです。
何者だったのか、は重要ではなく、
どんな行為をしたのか、が、進化のカギらしいです。
胸のチャクラの質を計測するのが、
高次の星の住人、アミが使っている度数計なんですねぇ。

おっと、話を元に戻して……(^_^ ;)

『感情の余韻』は、直観とは少し違います。
直観のような瞬間的な閃きではなく、一定の持続感を伴なった感情です。
映画や名曲などで感動した後の余韻と同類ですが、
これといった根拠のない、とりとめのない感情の波とでもいうか……。

それらが頻繁に出現すると、早晩、
人はスピリチュアルに生きることになります。
その感情の出所について、知りたいと探求するからでしょうね。

オバちゃん、子供の頃から多少、変な子でしたが、
思春期くらいから、頻繁に襲われた感情の余韻がありました。
“虚しさに似た孤独感”です。
過去記事のココ  渇望

以来、『感情の余韻』に対しては、忠実かつ素直になりました。
そうすることで、あらゆる局面において、どんなに救われたことか…。
気のせい? なんて、絶対に思わない方がいいです。
感情の余韻に浸ることは、本当の自分を知る入り口に
立っているようなものですから。

( ̄~ ̄;) ウーン……いまいちピンときませんかね?
感情の余韻って、どんな感じか。
過去記事以外に、体験をひとつ書いておきますね。


失業保険を受給しながら田舎物件を見て回っていた頃(48歳)
独身のキャリア婆Mさん(73歳)と、スペインに行きました。

Mさんは、私が勤めていたヒーリングサロンの上客で、
とくに鍼灸施術を好んでいたことから、サロンを退職した後も、
プライベートで施術を引き受けていました。
一緒に行けば費用は全額持つという事だったので、
移住までは暇だし、お供することにしたのです。

というのも、旅行好きのMさん、ちょっと困った性格の人でした。
人の好き嫌いが激しく、わがままで、プライドも高く、短気。
しかも、軽度の認知機能低下がチラホラ……。
想像ですが…私ごときに20数万出してでも、ってことは、
友人、知人の誰もが、一緒に行ってくれないのだろうと察したわけです。

そんなことで、九日間のスペイン旅行がスタート。
マドリッドからトレド、コルドバ、グラナダ、ミハス、バルセロナと巡り
オプションで、鋸状の山塊があるモンセラートに向かいました。
切り立った山塊をえぐるように建造された、
サンタ・マリア・デ・モンセラート修道院を見物するためでした。

この修道院にはエピソードがあります。
西暦880年のある土曜日、何人かの子供の羊飼いが、
美しいメロディとともに空から不思議な光が降りてきて、
山腹に留まるのを見たそうです。
同じことが数週間も続いたため、麓の町の司祭が調べたら、
洞窟の中から黒いマリア像が発見されました。
麓まで降ろそうとしましたが、動かないので仕方なく、
その地に聖堂を建てて安置したそうです。

観光の目玉は、その『黒いマリア像』でした。

列をなして順番を待ち、『黒いマリア像』の前に立ちました。
像全体はケースに覆われていましたが、
マリアが持っている球体(地球)部分だけは、
人々が触れられるように、くり抜かれていました。
(触りたいという衝動はなかった)

そのとき、突如として奇妙な感情に襲われ、
胃の底から突き上げるように嗚咽してしまいました。
ですが、同時進行で顕在意識(自我)が、それを客観視。
なんで泣くの? 初めて来たのに、と、
精神がくっきりと分離したのです。(奇妙な感覚です)

『あんた、なんで泣いてんの?……カトリックかぁ?』
修道院の通路を歩きながら、Mさんが言いました。
『なんでかなぁ…わかれへん。カトリックじゃないし‥』
『………あんた、変わってんなぁ』

Mさんが土産物を買うというので別行動。
建物の外に出てモンセラート山塊を見上げました。
すると、(◎ー◎;)……疑問が確信(直観)に代わりました。
確かに……かつて、ここにいた。
なにやってたんだろう。
シスター? 牧師?‥‥掃除オバちゃん?
ですが、詳細について直観は無反応……わけワカメでした。


過去記事『渇望』にも書いているように、
この、顕在意識と魂が分離した瞬間に慣れると、
人知れず微笑んでしまいます。

ああ、今は、この生なんだぁ、って再認識しますし、
平凡な日常が、いきなり輝きはじめ……。
人間関係の煩わしささえ愛しくなったり、
些細な出来事にも意味があることを知ったり、
新たな人生をやってるというだけで、自分に感動さえするんです。

これは、スゴイことだと思います。
波乱万丈人生やって、病気になって苦しんで、
それで人生終わりだと、夢も希望もありませんが、
王様や乞食、犯罪者や平凡な主婦、学者や、裁判官などなど、
さまざまな人生を体験してきて今があると思えば、
果敢に、今を生きる自分が、他者が、愛しいですよねぇ。


さて、9日間、寝起きを共にしたMさん。
その認知レベルは楽観できないものだと解りました。
施術中に何度も聞いた、若い頃のロマンス談義は10数回。
惚れた男の名前と年齢、しぐさと癖まで丸暗記しました。
旅行鞄の整理整頓は一晩に8回。 → 整理したことを忘れる
『靴下?‥それは右の入浴セットの下だよ』
『なんで?‥あんた、よう知ってんなぁ、見てたん?』
『うん…』 → すでに8回とは、口が裂けても言えない
お金の清算も一晩に10回。   
『あんた、今日のお金、払っとくわ』
『イヤイヤ、とっくに頂いたよ』
『そうかぁ…、やっぱ、あんたで良かったわ』
『……?』 
このパターンの繰り返し……。


で、帰国して2週間後、Mさんが言いました。

『なぁ、今度、どこ行きたい?……ベトナム、どう?
食べ物、日本人に合うらしいやんか。いつ行く?』

『((((;゚;Д;゚;))))カタカタ……う~む、そろそろ物件決めたいし、
また20数万も使うって、もったいない。
好意に甘えてばかりいられへんわぁ……』

ってか……それは方便でした。
呆けてしまった母親だと思おう……。
そう自分に言い聞かせた9日日間でしたが、
毎晩のことですので、正直、くたびれましたぁ。(^_^ ;)

この会話を最後に、彼女と永久の別れになりました。
過疎の村に移住1年後、奈良にある寺の住職(Mさんの兄)から、
訃報が届いたのでした。(脳梗塞)
70歳まで会計士やって、その後は短期間に10か国。
海外旅行を繰り返したMさん。
死の予感が、それをさせたのだろうと悲しくなりました。
(ごめんねぇ。せめてあと1回、同伴してあげれば…o(;_;)o)


感情の余韻が生じたとき、
なんで? どうして? 教えて! と、しつこく聞くといいですよ。
誰に、って?
内なる『あなた』に……宇宙に直球でいいかも……。( ˘ ³˘)
早くて3日、遅くても3か月くらいで、それらしき答えに行き着きます。
人なら、急速に接近。
風景なら、そこに行く機会が。
無性に惹かれる世界なら、
それに繋がるパンフレットや情報が。


日常的には厄介とも思える感情が、
実は魂の体験から尾を引くものだと知るだけで、
平凡な日常が輝きます。
こうして生きているだけで、
自分が大したもんだと思えるんですよぉ。(^_^ ;)



ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ

関連記事

COMMENT 12

風子  2017, 04. 11 [Tue] 12:12

Re: Hiroさんワァ~オです

> 築90年の小樽の実家をたたむとき、家財の一切を取り払って茶の間の
> 様子を写真に撮っておこうと思いパシャパシャ。そうしたら、茶の間
> 全体に大量のたまゆら(オーブ)が写っていたのです。私は直後、
> 「なんだこれは~!」と思い、更に追加で写した写真にも大量の
> たまゆらが…。私は怖くなり、3回目の撮影ができなくなりました。

ワ~オ!…オーブの茶の間だったんですね。
確かに、オーブは、気持ちの良いものではないですね。

> 現地に着いたその瞬間から、両手に金粉が噴き出してきたのです。

これも不思議ですが、ありますね。
私が体験したのは、友人2人と壮大な夢を語り合っていたとき、
テーマは、ワクワク意識、浄化、慈しみなどでしたが、
黒っぽいスカートが金粉だらけに……。

> 富山に滞在している3日間は、ずっと噴き出しっぱなしでした。
> ◎ちなみに、金粉をビニール袋にためておきましたが、北海道に帰って
> 来たら消えて無くなっていました。

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! ……同じことして、同じように消えましたぁ。

> 以上、不思議な現象が目の前で起きていても“それを特別に信じない”
> この私の不思議体験でした(笑)

(*′☉.̫☉)…確かにHiroさんらしい反応ですね。
金粉降ってきたとき、私たちは高揚して、なぜか泣きましたが……。

たまに、じっと手をみると、金粉ありますね。
これは単に、人体の余分なミネラルが排出されてるのでしょうが、
Hiroさんのように3日間も、って、ふつうじゃないです。
やっぱ、Hiroさん、Walk in でしょ?
砂浜が金粉だらけの星から来たとか? (*^▽^*)

Edit | Reply | 

Hiro  2017, 04. 11 [Tue] 11:30

風子さん、こんにちは。

そういえば、私にもちょっと不思議な体験があります。
キーワードは「たたむ」です(笑)

築90年の小樽の実家をたたむとき、家財の一切を取り払って茶の間の
様子を写真に撮っておこうと思いパシャパシャ。そうしたら、茶の間
全体に大量のたまゆら(オーブ)が写っていたのです。私は直後、
「なんだこれは~!」と思い、更に追加で写した写真にも大量の
たまゆらが…。私は怖くなり、3回目の撮影ができなくなりました。
◎この茶の間では、過去に何回も撮影を行っていますが、こういう現象
は初めてでした。

また、これは20年以上前の話ですが、父親から富山にある先祖の墓を
たたみたいと言われ、その300年続く墓を一緒にたたみに出掛けた時、
現地に着いたその瞬間から、両手に金粉が噴き出してきたのです。これは
父親も確認し「いやぁ、これは良い兆候だ!」なんて言っていたのです
が、富山に滞在している3日間は、ずっと噴き出しっぱなしでした。
◎ちなみに、金粉をビニール袋にためておきましたが、北海道に帰って
来たら消えて無くなっていました。

以上、不思議な現象が目の前で起きていても“それを特別に信じない”
この私の不思議体験でした(笑)

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 08 [Sat] 04:44

Re: ようこそArianeさん!

ようこそ、来ていただいてありがとうございます。
ご夫婦で、こんな話ができる、って、羨ましいですねぇ。

> バッハの「マタイ受難曲」を聴きながら、二時間嗚咽が止まらなく……
> 前にもここで、その風に吹かれたことがあった……それは千年くらい前。

(´ー`*)ウンウン…おっしゃる感覚、よ~く解ります。
遠~い記憶なのに、さまざまな感情が押し寄せ、
瞬間的に、今の自分ではない自分を感じてしまう。
理屈や状況に関係なく、感情のテレポーションが……。
ですが、その瞬間、ご自分が愛しくなるでしょう?

バッハは、相当、身近だったんですねぇ。
恋人とか、妻とか母とか、家族だったりして……。o(;_;)o
嗚咽している自分を、顕在意識の自分が静観するんですよね。

Arianeさんのページ、洗練されて美しいです。
過去世で感性を磨き、楽しんで来られたようなイメージです。(*^▽^*)

Edit | Reply | 

Ariane  2017, 04. 07 [Fri] 22:18

はじめまして。
とても興味深く拝読しました。

冒頭で書いていらっしゃる感覚、とってもよく分かります。
私も、大体そうしたところから過去生が判断できると思っていますし、そこらへんで出てくるテーマが、今生での自分にも関係のある事ではないかという気がしています。
私の場合、今のところ重大なもので三つほどありますが、夫に、こういう仕方で過去生が分かるよ、と言ったら、夫も四つくらい、かなりはっきり分かったようです。
たまたま霊能者の方から同じ事を言われたこともあるので、やっぱりそうなんだと思います。
この種の話は、私は始めたらきりがなくなるので、どうしようかな、と思ってしまいます^^;
ちょっとした事を書かせて頂くと、私もコンサート会場で、バッハの「マタイ受難曲」を聴きながら、二時間嗚咽が止まらなくなったこととか、ありました。
また、今住んでいる所に越してきて、氏神様にお詣りした時、海の方からさーっと風が吹いてきたのですが、その瞬間、前にもここで、その風に吹かれたことがあった、と思ったんです。
それは千年くらい前、という感じがしました。
そうしましたら、その神社は非常に古い神社で、千年以上前からある神社だったんです。

すみません、いきなり、長々と失礼致しました。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 07 [Fri] 18:59

Re: バーソさん、こんばんは♪

> 昔から「洪水」が夢の定番です。

ほぉ、川や湖の水位が上昇、洪水の夢が定番って、
ユニークで面白いですねぇ。
帰れない、家に帰れない……その焦り、かつて現実だったんでしょうね。
ですが溺死とかでなくて良かった。
そのせいで死んでたら、川や湖は恐怖の余韻になってるでしょうから。

> 今まで何度も引っ越しをしましたが、不思議に川に縁があります。
> 大分県でも山口県でも大阪市でも現在の東京でも、いつも川の近く。

(*′☉.̫☉)初耳です。大阪にもいらっしゃったこと、あるんですかぁ?
川に縁があるって……四大文明の発祥地に生きていた?
それとも、水、流れ、洪水、氾濫が示すように、留まるところなく
流れに任せて生きていた、ってことですかねぇ?((´∀`*))

> 魂の体験を一度はしてみたいものですが、意識の波長が違うようです。
> 長年そういうものを聖書的に避けてきたせいもあるかと思います。

そうですね。
バーソさんは骨の髄まで聖書が浸透してる人ですもの。
ですが一方で、自由な拡張した意識を持っていらっしゃるから、
『神対』とか、すんなりと受け入れられたんですよね。
意識の波長は、自在に変えられると思います。
端から『無理』だと思い込まなければ……ですが……。
( ̄~ ̄;) ウーン 自由奔放にしていられる時間、
1人きりの静寂な時間、差し上げたいです。(^_^ ;)

Edit | Reply | 

☆バーソ☆  2017, 04. 07 [Fri] 18:04

こんばんは~

昔から「洪水」が夢の定番です。
といっても台風や津波などの海の洪水じゃなく、川や湖の洪水です。
ただし溺れ苦しんだことは一度もなく、単に水位が上がってきて、
橋の向こうに渡れない、家に帰れない、困ったというような夢です。
子供のときに台風で家が流されましたが、その記憶とは違います。
今まで何度も引っ越しをしましたが、不思議に川に縁があります。
大分県でも山口県でも大阪市でも現在の東京でも、いつも川の近く。
しかしデジャブのような感覚はまるでないですね。
魂の体験を一度はしてみたいものですが、意識の波長が違うようです。
長年そういうものを聖書的に避けてきたせいもあるかと思います。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 07 [Fri] 04:28

Re: エリアンダーさん、おはようございます!

> 私もふとした時に懐かしいような切ないようなイメージが
> ふっと湧いてくる時があります。あと異常に雨や風が好きだったり、

(◎ー◎;)ほぉ、雨風が……。
アドベンチャーだったんでしょうか?
それとも革命家?
自然現象の研究家?……面白いですねぇ。

> ネパールやインドやチベットの風景にとても引き付けられることも。
> 残念ながらこれは今生の世界に関連しています。たぶん、記憶の
> 固定する以前の3、4歳のころの出来事の微かな記憶なんです。

3、4歳というと、過去世の記憶が残存していますよね。
興味津々ですねぇ。
例えばラサへの巡礼とかに興味があるとすれば、
チベットあたりのラマ僧だったりして。(*´ェ`*)

巡礼、祈り、同行二人……。
なぜこんなにも『胸キュン』なのだろうと、私も思います。
雨、嵐でも恐れることなく、それを聖なる現象として捉え、
歩んだ記憶なんでしょうか?

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 07 [Fri] 03:56

Re: ウナさんおはようございます!

> デザートとは食後の甘味でしょ    → dessert
> それが渇きを覚える砂浜とは・・・? → desert

(。・?_?・。)ムゥ…確かに発音も、そっくりですね。
オイオイ、ウナさん、どこまで行くんですぅ?

> 漂流して判りました
> 大海原では水に囲まれているのに喉が渇きましゅ

海で泳いでいると手がしわしわに……。
海水は塩分濃度が人体より濃いので、
漬物の理屈で、人体の水分が失われるんですよねぇ。
で、喉が渇きます、です。((´∀`*))
自由は不自由の中にこそ存在する? って、わかりましぇ~ん。
不自由の中だと、自由がクローズアップはする?……(^_^ ;)

> 精神とは目には見えません
> でも確かに存在するのです

見えなくても、信じているもの、たぁ~くさんあります。
電波、紫外線、放射能、X線、PM2.5……etc
三次元(地球)で見ているものも、
肉体レベルでは、確かにあるんですねぇ。((´∀`*))ヶラヶラ

みかんきんかん癪の種・・
ウナさんコメント、悩みの種……( ̄~ ̄;)あはは。

Edit | Reply | 

エリアンダー  2017, 04. 06 [Thu] 21:02

黒いマリア像、不思議な体験ですね。
前世体験ですね。
顕在意識と魂が分離した瞬間、体験してみたいです。
私もふとした時に懐かしいような切ないようなイメージが
ふっと湧いてくる時があります。あと異常に雨や風が好きだったり、
ネパールやインドやチベットの風景にとても引き付けられることも。
残念ながらこれは今生の世界に関連しています。たぶん、記憶の
固定する以前の3、4歳のころの出来事の微かな記憶なんです。

Edit | Reply | 

はしびろこう・ウナ  2017, 04. 06 [Thu] 19:32

友は蕎麦打ち名人でした(過去形?)

俺、いまだにもらい物が多くて・・・
旧友にラムネを五本持っていくと清酒を貰ったり
蕨餅や屑きりを土産にすると
味噌を10キロ持たされたり
そうそう
番茶(ドクダミ茶混ぜ)と梅干を奨めた
友人の娘さんに会いました
二人のお子さんがともに花粉症が軽くなったとか
今年はくしゃみは出ますが
まだ薬は飲んでいないそうです・・・


こんばんは
実は風子さんの記憶が
Mさんを介して風子さんに会いに来たのかも

ヒントという英語を学んだときに
デザートを紐解き『砂漠』と云う言葉に行き着きました
デザートとは食後の甘味でしょ
それが渇きを覚える砂浜とは・・・?

漂流して判りました
大海原では水に囲まれているのに喉が渇きましゅ
これって
自由は不自由の中にこそ存在するのです・・・か?

精神とは目には見えません
でも確かに存在するのです
では見えるものは存在はしていなくて
見えないものに『真実』があるということでしょうか?

いかん!(みかんきんかんしゃくのたね・・)
聊か酔いました
続きは夢の中で整理いたしましゅ
あはは。

Edit | Reply | 

風子  2017, 04. 06 [Thu] 14:59

Re: デコさんへ

> あれっ前にも来た事あるような?
> そんな感覚に陥った事が数回あるなぁ

( ̄~ ̄;) ウーン過去世か、パラレルワード(平行世界)でしょうね。

> 厄介な感情が
> 魂の経験から尾を引くものかぁ

理由が判らないのに、それだけは許せない、みたいな強い感情、
例えば、発展途上国などで物乞いしている子供を見て、
かつての自分を思い出して苦しくなる……。
誰もが感じる程度の同情ではなく、真に迫る屈辱的な感情とか、
私は、それを体験し、思い出し、泣きました。

今生の人間関係は、自らが選んだ“課題”ということが多いです。
身内との関係なんかは、とくに。
同じもの食べて、同じ親に育てられても、兄弟姉妹って、
性格がまったく違うでしょう?
それぞれが違った課題を選択して、
ソウルメイトやってるんだと思います。(*´ェ`*)


Edit | Reply | 

デコ  2017, 04. 06 [Thu] 14:29

子供の頃っ
初めて着た場所なのに

あれっ前にも来た事あるような?
そんな感覚に陥った事が数回あるなぁ

それも過去生との関わりなのかしら??

前世とどのように繋がってるんだろ??
不思議体験したことないけれど

スピチュアな世界
ほんの少しは体験してるんだなっ(#^.^#)

厄介な感情が
魂の経験から尾を引くものかぁ

ふ~ぅむ
それも輪廻転生に繋がるのだろうか?
あんぽんたんデコには難しい( ;∀;)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?