ユニバース or マルチバース

 01, 2017 00:05
パラレルワード


『宇宙(ユニバース)はひとつ』。
そんな常識が今、覆されようとしています。
宇宙が無数にあるというマルチバ―ス理論が、
宇宙物理学者の間に広まりつつあるんです。

これ、初めて聞いた人は、(((ʘ ʘ;)))…\(?。?”) …ですよね。

1400年もの間、天体は地球の周りを回っていると信じられていました。
ガリレオの地動説が常識になって400年ほど経った今、
いきなり宇宙が無数にあるとか言われても、
にわかには信じられませんよねぇ。(^_^ ;)


わたし『コズミックフロント(BS3)』はもちろん、
モーガン・フリーマンの『時空を超えて(NHK)』ファンです。

モーガン・フリーマン……いいですねぇ。
見かけはふつうのオジさんですが、
含蓄のある言葉と、意味深な渋い表情に魅せられます。

この番組は、なんといってもテーマが魅力的です。
例を挙げれば次のような感じ……。

宇宙を支配する法則は何か。
宇宙人はどのような姿か。
“無”とは何か。
潜在意識が秘める力。
悪は根絶できるのか。
他人の脳をハッキングできるのか。
“神”が進化を創造したのか。
運命か自由意志か。
この世界は『現実』か。

どうでしょう?
宇宙誕生が必然なのか、偶然なのかという哲学的な問いをはじめ、
人の意識が何かを解き明かそうという、ワクワクのテーマばかりです。

これらの番組によると、マルチバース宇宙論が優勢のようで、
無数にある宇宙は、すでに平行宇宙(パラレルワールド)と
呼ばれたりしています。

!(・。・) そうそう。
今どきの映画って、パラレルワード題材が多いですよね。

大ヒットした『君の名は。』もですが、
『アナザー・プラネット』
『ザ・ドア 交差する世界』
『天使のくれた時間』 などなど、
宇宙飛行中に、とか、ドアを開けたら、とか、
ある日、目覚めたら、とか
何気ない日常に描かれるパラレルワード物語の数々……。

『天使のくれた時間』なんて泣かされます。
セレブな独身男の人生と、家族を持った男の人生。
その両方の人生を同時に味わう奇怪さと愉快さ。
本当の幸せとは……。
そんなテーマに心打たれました。

ニコラス・ケイジ扮する野心家の男が、
彼女と空港で別れるシーン、覚えてますか?
あの決断が人生の決定打に思えても、
実際には、選択可能な脚本は無数にある。
そんな映画だったわけです。

わたし、そんなバカな、とは思わないタイプです。

無数の問題をクリア → バージョンアップ → 無数の問題。
そんな風にプログラムされたコンピューターゲームのように、
私たちが選択できる全てのシナリオは、
すでにパラレルワードに存在しているのでは? と、
思っているわけです。(時は…ない)
その中で自分が、もっとも求める世界を選択して、
今、この現実を生きていると……。

例えば、70~80歳のベテラン俳優なら、
さまざまな人生シナリオを演じたでしょうが、
これが正解、これこそ望む人生だ、なんてシナリオには、
なかなか巡り合わないんじゃないでしょうか。

王様だろうと乞食だろうと、サラリーマンだろうと、
なってみると、それなりの悩みや苦労はつきもの。
演じて初めて、人物の喜怒哀楽の詳細が解るわけです。
すると、たいていの俳優は自分自身に戻ります。
役柄に登場する人物の人生より、自分が好き。
俳優のまま、さらなる高みを目指したいと思うんでしょうね。
(多くのシナリオの中から選び抜いている)

だから、パラレルワードも同じでは? と思っています。
どっちの世界が本物?とか、正しい?とかではなく、
魂の課題をクリアするために、今の、この現実を選んだだけのこと。
課題の消化に対して遠回りや、道草を楽しみたい人。
紆余曲折など、リスクを最小限にしたいと選んだ人もいれば、
あえて高いハードルを選んだ人もいる、という具合に、です。

わたし、記憶が空白の時間を体験していますが、
パラレルワードに行ったことはありません。
実のところ、なんのためにパラレルワードがあるのかも、
判りません。(これが解れば意識の何かが判るのでしょうが…)

ただ、私を見たという、不可思議な友人知人が3人もいました。
どんなに否定しても相手は絶対に譲りません。
それ以上否定し続けると、喧嘩に発展するほど、
確信に満ちた目で、断言するのです。

『あんた、昨日の夕方、難波で男の人と歩いてたよね。
あの人、誰?』

『(*′☉.̫☉)イヤァ、そんなとこ行ってないよ。人違いじゃないの?』

『いいや! 私が見間違えるはずがない。
あれは、あんたや!…絶対に間違いない』

『?……アホな。他人の空似って言うやんかぁ。
ってか、どこにでもいる顔ってことかも……』

場所も時間もバラバラの、こんなパターンが、3回です。
これが“パラレルワードのわたし”だとすれば、
パラレルワードとは、どこか遠くではなく、お隣さん……。
SF映画で、水のゆらぎのような空間を通って異次元に移行する。
そんなイメージなんだろうと思うわけです。

で、元に戻って……。
映画のような体験をする人たちは、
潜在意識の中に、叶えなかった強い願望があるのでは?と思っています。
例えば前記のニコラス・ケイジの場合、
リッチな暮らしをしていても、ふとした瞬間に自分を疑う。
本当に、これを望んでいるのだろうか……みたいな。

それが起きるタイミングとしては……。
寝てるとか、ボーっとしているとか、
顕在意識がニュートラルになったとき、
潜在意識の欲するままに、
テレポーションするのかもしれませんね。


もちろん、どのシナリオを選んだとしても、
私たちはそれなりに体験し、多くを学びます。
何度も々、生まれ変わって、
段階に応じたプログラムを消化し続け、
究極的に、唯一残るもの……。
それは『無償の愛の実践者』として在る。
思考ではなく、『在る』ってことだろうと思います。(^_^ ;)



さ~て、ここからは左脳の見方です。

もしかして宇宙が無数にあるとすれば、
岐阜県神岡町の地下1000mに設置されスーパーカミオカンデや、
スイスはジュネーブに構える全長27kmの巨大な加速器。
ヒッグス粒子を捉える「大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) 」などは、
無用の長物になります。
そんなものは探しても発見されるわけがない、
ということが明らかになる可能性があるからです。

マルチバース理論によれば、
私たちの宇宙は無数にある「泡」の中の一つにすぎないそうです。
その無数……10の500乗個の宇宙 (泡)が存在するんですって。
(・_・?)……10の500乗って?
1兆を41回1兆倍して、さらに1億倍した数らしいです。(。・?_?・。)ムゥ…。

これらすべてがパラレルワードだとすれば……。
(((ʘ ʘ;)))ワァ~オ!
今では75億人(2017年)に分かれた魂(意識)の、
何千、何万年分の人生シナリオ……。
アカシックレコードDVD数と、合致しそうです。(^_^ ;)

★スーパーカミオカンデ 
 素粒子を観察する「顕微鏡」であり、
 飛来するニュートリノを用いて太陽や超新星爆発を見る「望遠鏡」。


まっ、天文学者たちの左脳の論理には敬服しますが、
数式ばかりに囚われず、もう少し右脳を信頼したらどうでしょうね?

意識とは何か。
人体に二つある臓器の働きは左右とも同じなのに、
脳はなぜ、右脳と左脳の働きが分かれているのか。
天文学者が、脳神経学者や哲学者と共同研究したら、
あるいは、宇宙の真実に触れられるのでは?

な~んて、私は密かに思っているのですが……。(*^~^*)


私たちが体験しうる最も美しいものとは、神秘です。
これが真の科学の源となります。
これを知らず、もはや不思議に思ったり、
驚きを感じたりできなくなった人は、死んだも同然です。
                アインシュタイン




ポチが、励みになります!…(*´~`*)。o○

エッセイ・随筆ランキングへ

WHAT'S NEW?